マイコプラズマ・ウレアプラズマ

目次

 

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマ(性器・のど)とは

マイコプラズマ・ウレアプラズマとは、性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス、キス)を感染経路とする性感染症のひとつです。

男性は尿道・のど、女性は膣・のどに感染します。

2012年から日本でも検査が可能になったため、知名度は低いですが、検査を行うとクラミジアや淋病の感染率と同じように高い確率で感染が認められています。

性病のマイコプラズマの原因菌とマイコプラズマ肺炎の原因菌は別物です。

マイコプラズマ細菌画像

マイコプラズマ細菌画像
情報元:CDCホームページ

 

ウレアプラズマ細菌画像

ウレアプラズマ細菌画像
情報元:CDCホームページ

マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが、性病のマイコプラズマは 飛沫感染せず主に性行為によって感染します。

また、キスだけでも感染の可能性があります。

検査は、2種類のマイコプラズマ、2種類のウレアプラズマをそれぞれ検査をします。

 

症状

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状は、性器のかゆみや異臭、尿道痛、のどの痛みといった淋病やクラミジアとよく似たものです。

あまり知られていない病気ということもあり、症状だけを見て淋病やクラミジアの検査をして陰性だったからそのままに…というケースも少なくありませんが放っておくと悪化、炎症を起こし、不妊の原因などにつながる可能性があります。

症状(性器の場合)

潜伏期間は1〜5週間です。

  • ■尿道の違和感・排尿痛。
  • ■性器のかゆみ。
  • ■性器から膿が出る、パンツに染みが出来ている。
  • ■おりものの増加、性器の異臭。

男性の場合

マイコ・ウレア(男性)

症状:性器の異臭、尿道の違和感や痒み、排尿痛、膿が出る。

クラミジアや淋病とよく似た症状が出ます。あまり知られていない病気ということもあり、症状だけをみてクラミジア・淋病の検査をして、陰性だったからそのままに・・・というケースも少なくありません。
放っておくと悪化、炎症を起こし、不妊の原因などに繋がる可能性があります。
症状が引いた後でも感染が続いていることもあり、治っていないことが多いと言われているため、治っているかどうかの検査が重要となります。

女性の場合

マイコ・ウレア(女性)

症状:おりものの増加などの変化、違和感また自覚症状がない場合も多い。
炎症により不妊の原因になることも

 

【マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染例】
・尿道に違和感を感じ、クラミジア・淋病の検査では陰性と言われたが、症状が続いている

 

症状(のどの場合)

  • ■のどに違和感(いがらっぽい感じ)、痛みやイガイガした感じ。
  • ■咳が出やすい。

クラミジア咽頭・淋病咽頭

のどの違和感など、クラミジアや淋病によく似た症状が出ることがありますが、ほとんどの場合は、自覚症状がありません。
また、性器で感染していなくても、咽頭の方が感染していたということもあるため、キスやオーラルセックスなど、口が接触する行為があった際は注意が必要です。

【マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染例】
・あまり聞いたことがない病気で症状もなかったので、クラミジア・淋病の検査しか受けていなかったが、パートナーと共にマイコプラズマ・ウレアプラズマに感染していた

 

検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査、うがいの検査
女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査、うがいの検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。
女性は生理中は検査ができません。生理が終わってから検査を行いましょう。

検査

尿検査

男性用検査
検査結果:3〜4日後

膣分泌物検査

女性用検査
検査結果:3〜4日後

のどの検査(うがい液の採取)

男女共通の検査
検査結果:3〜4日後

※検査結果はWEBで確認できます。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ 検査治療セット

他の性病もしっかりと検査したい方向け
下記4種類の検査・治療料金・確認検査、全て含まれます。

・性器マイコプラズマ
・性器ウレアプラズマ
・咽頭マイコプラズマ
・咽頭ウレアプラズマ

※治療後の確認検査は、陽性反応があった場合のみ、1ヵ月後、1回のみ無料になります。

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

 

治療

治療方法
抗生剤の服用

※マイコプラズマ・ウレアプラズマにそれぞれ感染している時は別の抗生剤の処方が必要になります。

 

予防方法

性行為の際(オーラルセックスも含む)はコンドームの着用を正しく行うことで感染リスクを大幅に低下させることが出来ます。また、不特定多数の人との性的接触は感染リスクが高くなりますので避けるようにすることも大事です。
症状がなくても感染している場合があるのでパートナー様と共に定期的な検査を受けて、早期の発見と治療を行うことが感染の拡大を防ぐためにも重要です。

 

 

 

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診