一般細菌

目次

 

一般細菌検査とは

一般細菌検査(尿検査、膣検査)は、当院で行っている、クラミジア・淋病・マイコプラズマ・ウレアプラズマ・カンジダ・トリコモナス以外の、細菌全般を調べる検査です。
至るところに存在する細菌ですが、性行為でも感染する可能性があります。

男性の場合は尿検査となります。症状が出ていなければ、尿は一般細菌を洗い流す作用があるので、菌の量が少なければ自然に治癒することもあります。
ただし、尿は基本的に無菌ですので、症状が続くようであれば検査して治療が必要になります。
女性の場合は膣検査となります。細菌性膣炎の原因菌を調べたり、妊娠中に保菌していると胎児に影響を及ぼす菌を調べたりします。

菌の種類はたくさんありますが、この検査では菌の種類や、その菌に効く薬剤までわかるように調べます。

感染したとしても、症状が必ず出るわけではありません。
ご不安であれば、パートナー様も検査を受けていただくことをおすすめいたします。

症状

男性の場合は尿道の違和感や痛み、分泌物や膿が出たりします。
女性の場合はおりものの変化、膣の痛みや痒みなどがありますが、症状がないことも多いです。

検査方法

男性は尿を採取して行います。
女性は膣内を綿棒で擦って調べます。

培養法により菌種の特定や菌量の測定を行い、抗生剤の感受性を調べることにより最適な薬を調べます。

治療について

男性の尿検査の場合、菌が検出された場合でも一般細菌では菌の種類や、菌の量が少なく、症状がなければ排尿による自浄作用により、治療不要のこともあります。

女性の膣検査の場合、膣内に存在する常在菌叢の場合は治療不要ですが、細菌性膣炎の原因菌などは、治療が必要になることがあります。

以上のことから、菌の種類や症状によって治療が必要となります。
当院では、一般細菌検査を行う際に、菌種の特定や感受性という菌に有効なお薬まで調べているため、治療が必要な場合は最適なお薬を処方することができます。

   
   無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00