女性のQ&A

妊娠検査をしてもらうことはできますか?

申し訳ございませんが、あおぞらクリニックでは妊娠検査は行っておりません。

妊娠中に性病の検査を受けることはできますか?(クラミジア・HIV・淋病など)

採血やのどの検査など、膣分泌物を採取しない検査であれば、検索を行うことが出来ます。(検査可能項目:HIV、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス、梅毒、咽頭クラミジア、咽頭淋病、マイコプラズマ・ウレアプラズマ(咽頭)

生理中に性病の検査を受けることはできますか?(クラミジア・HIV・淋病など)

採血やのどの検査など、膣分泌物を採取しない検査であれば、検査を行うことが出来ます。(検査可能項目:HIV、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス、梅毒、咽頭クラミジア、咽頭淋病、マイコプラズマ・ウレアプラズマ(咽頭)

女性の性病検査はできますか?

毎日行っています。
※新宿院は、土日休診
※新橋院は、奇数月の第2日曜日のみ休診
診察は、男性医師になりますので、ご了承願います。
膣の検査は、医師による分泌物の採取も行いますし、ご本人による自己採取でも可能です。

女性でもPEP療法は受けられますか?
はい、PEP療法は性別関係ありませんので、HIVに感染したかもしれないと不安な方は
当院にご相談ください。
パートナーと一緒に行っても大丈夫ですか?
はい、男女の待合は異なりますが、ご希望があれば個室で一緒に問診でお話を伺うことも可能です。
女性のスタッフはいますか?
現在医師は男性医師のみですが、受付、看護師と女性常勤スタッフが対応可能です。
男性スタッフによる問診対応となることもありますので、ご了承ください。
アフターピルの処方はしていますか?
行っております。先発品とジェネリック品をお選びいただけます。なるべく早く飲んでいただくために
優先的なご案内を行なっています。
パートナーのお薬も一緒に受け取れますか?
申し訳ございません。法律上ご本人様のお薬しか処方できません。お手数ですがパートナー様と一緒にご来院ください。
パートナーが感染してた、、、症状が無ければ大丈夫ですか?
性感染症は症状が出ないことも多いです、パートナーが感染していた場合は、少なくとも同じ項目の検査を受けていただくことをおすすめしています。
診察はどのようなことをしますか?
診察では、クスコ(膣鏡)を膣内に挿入して、綿棒でこするなどの検査をします。
使用前に温めていますので、冷たさはありません。
受診のタイミングは?
陰部の診察をご希望なさる場合は、生理中は避けていただいています。
ただし、お薬の処方が可能な場合やその他の検査は可能な項目もありますので、お気軽にご相談ください。
痛みが伴うことはありますか?
女性スタッフが介助を行いながら、スムーズな診察のお手伝いをしています。
症状によって痛みが強い場合などは、無理な検査は行いませんので、ご安心ください。
診察はどのような服装が適していますか?
基本的にどのような格好でもかまいません。
内診がある際は、下のお召し物を脱ぎ着して頂く場合やなどがありますので、脱衣しやすい
服装をおすすめします。
婦人科の診察も受けられますか?
当院は性感染症専門のクリニックとなります。
アフターピルの処方も行っております。

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診