低用量ピル

目次



月・木・金曜日限定で、クリニックとオンライン診療で処方してます。

日本のピル事情

国連の発行している「避妊法2019(Contraceptive Use by Method 2019)」のデータによると、日本のピル内服率は2.9%

諸外国におけるピル内服率は、フランス33.1%、カナダ28.5%、英国26.1%、ノルウェー25.6%、タイ19.6%、米国13.7%、カンボジア13.7%、ベトナム10.5%、マレーシア8.8%、ミャンマー8.4%、香港6.2%、韓国3.3%、中国2.4%となっています。



諸外国よりも日本のピル内服率はまだまだ低いのが現状です。
日本で普及しない理由の一つとして、そのメリットが十分に認知されていないことがあると思われます。

そこで、ピルのメリットや注意点などを説明したいと思います。
ピルには、いくつか種類がありますが、ここでは一般的な低用量ピルについて説明いたします。

 

低用量ピルとは

黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンを合わせてできた錠剤です。
避妊の効果が99%以上あり、コンドームや緊急避妊薬よりも避妊効果が高く、生理痛や、月経前症候群(PMS)などにも効果があります。

1シートに28錠あり、そのうちの21錠が実薬と呼ばれる成分が入っている錠剤で、残りの7錠はプラセボといい、成分の入っていない錠剤になっています。

(当院で取扱っている低用量ピルはすべて28日型になりますので毎日1錠をお飲みいただくタイプになります。
 21日型との違いは最後の7日間(22日~28日)のところにプラセボがついていることです(この期間に生理がきます)。

21日型は自分で7日間の休薬期間(薬を飲まない期間)を取ってもらうことになります。
 プラセボがついている理由は、飲み忘れを防ぐためです。薬の再開を忘れてしまうことが多いのでそれを防ぐために毎日1錠飲むようにパッケージされています。)

実薬のホルモン量がすべて一定のものを一相性、生理周期のように徐々にホルモン量が増えていくものを三相性と言います。

国産先発品一相性



国産先発品三相性



違いとしては、一相性はニキビなどの肌荒れに効果が高いと言われており、三相性は生理周期のホルモン量に近いため身体的に慣れやすいと言われています。
生理痛や、月経前症候群(PMS)、避妊効果に対してはどちらも同等の効果があります。


また、生理の日をコントロールする事も可能ですので、旅行やイベントなどに生理が被らないようにずらすことが出来ます。この場合は一相性がオススメです。

飲みはじめの3か月頃までは、不正出血が起きやすく、嘔気や頭痛が出ることもありますが、飲み続けることで軽減されていきます。

当院では一相性と三相性、両方のピルをご用意しておりますので、目的に合わせたピルを選んでいただくことが可能です。

 

ピルのメリット

避妊

飲み忘れがなければ99%以上の効果があります。

生理日移動

内服する日を調整することで、旅行や大事なイベントに生理日が重ならないようにできます。

月経困難症、生理痛や過多月経の症状の緩和

子宮内膜の増殖が抑えられるため、プロスタグランジンの量は減少し、月経痛が改善され月経量も少なくなります。
月経痛をガマンしなくてすみ、貧血も予防できるというメリットもあります。

月経前症候群(PMS)の症状の緩和

女性ホルモンのバランスを一定に保つことができるため、生理前のイライラや落ち込み、倦怠感といった症状から解放されます。

月経不順の緩和

月経周期が規則正しくなるため、月経不順が改善されます。

子宮内膜症の緩和

そのまま放置しておくと毎月卵巣から分泌される黄体ホルモンと卵胞ホルモンにより年々に進行していく可能性のある子宮内膜の増殖を抑えたり、進行を遅らせることができます。

がんのリスク軽減

卵巣がん、子宮体癌、大腸がんのリスクが軽減されると言われています。

   

注意点

血栓症がピル の最大のリスクとなります。

低用量ピル他の血栓のリスク
低用量ピル:1万人あたり3-9人
服用なし:1万人あたり1-5人
妊娠中:1万人あたり5-20人
分娩後12週まで:1万人あたり40-65人

ピルを内服しない場合でも上記のように血栓症になる可能性はあります。

タバコについて

タバコは血栓症のリスクであり低用量ピルの一番の重篤な副作用の血栓と相乗効果で増加するので禁煙をお勧めいたします。
また、年齢も血栓増加のリスクなので35歳以上、たばこ15本/日以上の方には低用量ピルは禁忌になります。

片頭痛(偏頭痛)について

片頭痛は、頭の片側がズキズキと痛む発作が典型的な症状で、激しい痛みにより吐き気や嘔吐を起こしたり、日常生活を妨げたりすることもあります。

片頭痛の特徴のひとつが「前兆」と言われる症状です。
前兆は片頭痛の発作の前に現れ、光が見えるなどの視覚症状が一般的とされますが人によってさまざまな感じかたがあります。

前兆はある人もない人もいます。
動脈血栓である血栓性脳卒中(脳梗塞)のリスク因子として片頭痛があります。

前兆のある片頭痛の場合、ない場合に比べて脳梗塞が多いと報告されてます。

低用量ピルの副作用で重篤なものとしては血栓ができやすくなります。
そのため前兆のある片頭痛では低用量ピルが禁忌となります。

肥満

肥満も血栓症のリスクであり低用量ピルの一番の重篤な副作用の血栓と相乗効果で増加するのでダイエットをお勧めいたします。

また運動により血流が良くなるため血栓のリスク低減にもなりますのでお勧めします。
1日に1時間(30分×2回でも可)の運動をお勧めします。

スポーツが嫌いであればルールを決めて歩くようにしてください。
必要最低限のものしか買わないようにして毎日速足で買い物をして一回りして帰るのもお勧めです。

副作用

低用量ピルの副作用で多いのは悪心・嘔吐 1.2~29.2 %、めまい 0.2~1.0 %、ふらつき 0.3 %、頭痛・偏頭痛 3.4~15.7 %、にきび 0.1~2.9% です。他に浮腫 1.0~3.2 %、 体重増加 0.8~2.2 %となります。

大部分の方は問題なく飲めますがどうしても飲めない方がいらっしゃるのも事実です。

ピル内服後の注意点

内服初期は不正出血が起きやすくなる
→内服を継続する事で徐々に軽減されていきます。

血栓症を発症するリスクが高くなる
→毎回問診の際に注意深く確認させて頂きます。
また、定期的に採血を実施し早期発見に努めます。

子宮頸がんのリスクを上げる可能性がある
→1年に1回必ず婦人科にて検査を実施して頂きます。

乳がんのリスクを上げる可能性がある
→1年に1回必ず乳腺外科にて検査を実施して頂きます。

ピルが飲めない方(禁忌)

50歳以上または閉経している方
35歳以上で1日15本以上たばこを吸っている方
前兆のある片頭痛がある方
血栓症の既往がある方
家族に血栓症の人がいて遺伝的に血栓が起きやすい体質の人
過去に肺梗塞・脳梗塞・心筋梗塞など血栓症を起こしたことがある人
コントロールできていない高血圧・糖尿病・高脂血症がある人
妊娠中や授乳中の方


低用量ピル内服における必要な検査

血栓症を発症するリスクが高くなる
→毎回問診の際に注意深く確認させて頂きます。
また、定期的に採血を実施し早期発見に努めます。

そのため、当院では初めて低用量ピルを処方してから3か月以内に1度採血検査を実施します。
その後は問診による血栓症のリスクの有無にて半年または1年毎に採血検査を実施します。

子宮頸がんのリスクを上げる可能性がある
→当院では1年に1回、他院で検査をして頂き、その結果を持参して頂きます。
市区町村などで異なりますが、20歳を超えた方は子宮頸がん検査のクーポンがもらえるので活用してください。

乳がんのリスクを上げる可能性がある
→そのため、当院では1年に1回、他院で検査をして頂き、その結果を持参していただきます。
また、簡単にセルフチェックもできます。検査と合わせてご自身でチェックしてみてください。

処方の流れ

・オンライン診療での処方希望の方

事前にWEB問診をしていただきます。
医師とオンラインにて低用量ピル飲み方や副作用の説明など行います。
※医師の判断によっては、処方ができない場合もございます。

初回でも1~3か月分まで処方可能です。
初回のみ飲みはじめてから3か月以内に、一度当院を受診して頂き採血検査を行います。その際に一緒にピルの処方も可能です。

ただし、採血の結果によっては、低用量ピルの内服を中止していただく場合もあります。
その際の返品、返金は出来かねますのでご了承下さい。

また、採血を実施していただけない場合は、継続処方も出来かねますのでご了承下さい。

採血検査をしていただければ再度、オンライン診療で最大1~6シートまで処方可能です。その後の採血検査は半年または1年毎に実施します。

・当院受診にて処方希望の方

女性待合室にて問診票の記入をしていただきます。
医師より、低用量ピル飲み方や副作用の説明など行います。
※医師の判断によっては、処方ができない場合もございます。

初回でも低用量ピルは1〜3か月分まで処方可能です。

初めて処方してから3か月以内に一度採血検査を実施していただきます。
初診時に採血を実施することも可能です。
また、初回に3か月分処方し、次回来院時に採血を実施することも可能です。

ただし、3か月以内に採血検査が必ず必要となりますので、採血を実施していただけない場合は、継続処方は出来かねますのでご了承下さい。

また、低用量ピルを他院で処方され、現在内服されている方や健康診断(人間ドック)などで採血検査を受けていただいている方は結果が必要となりますので、ご持参ください。

採血の結果によって今後低用量ピルの内服を中止していただく場合もあります。
その際の返品、返金は出来ませんのでご了承下さい。

採血の結果や問診等で問題がなければ、ご希望に応じて6ヶ月分まで処方できます。
その後の採血検査は半年または1年毎に実施します。

オンライン診療の流れ

STEP1 web問診

まず、オンラインの事前問診にご回答下さい。
https://www.melp.life/s/gfxqu

web問診に回答を送信していただきましたら、画像の【オンライン診療「クロン」はこちら】をクリックしてください。
オンライン1
STEP2 アプリダウンロード~予約
次に、スマートフォンでcuron(クロン)がダウンロードできましたら、必要事項をご入力ください。
新規登録をしていただき、ログインをしてください。

お名前・住所・連絡先・クレジットカードなど、基本情報を登録が必要となります。
https://curon.co/home
当院の医療機関コード:182e
を入力してあおぞらクリニックを登録して下さい。

登録をしていただきますと、当院に通知が入りますので、1日前後でご本人様確認を行います。

本人様確認終了後
初診の方は初診予約(性感染症)、初診予約(男性型脱毛症)、初診予約(勃起不全)のいずれかをご選択ください。
再診の方は再診を選択して下さい。

オンライン診療はリアルタイムでの医師とのテレビ電話が必要になりますので、ご都合の良い時間を予約して下さい。

予約の時間に基づいてこちらからおかけします。
(STEP1の問診は完了しておいて下さい。)

※アフターピルの処方は、オンラインでは行っておりませんのでご了承下さい。
STEP3 オンライン診療
オンライン診療アプリcuron(クロン)で診察
テレビ電話で医師の問診や、診察を受けることができます。
オンライン診療3
STEP4 受け取り

クレジットカードで決済を行っていただきます。
※事前に登録が必要です。
curon(クロン)の支払い方法は、クレジットカードのみでございます、ご了承ください。
決済の確認が済み次第、お薬をご登録の住所宛てに発送いたします。
オンライン診療4
 

お支払方法について

クレジット決済となります。

※クレジットカードでの決済が難しい方には、別のアプリを使用してオンライン診療を行うことも可能です。
そちらであれば、銀行振込によるお支払いを確認後お薬を発送することが可能です。
詳しくは当院までご相談ください。  

発送後の受け取り方について

ご自宅に郵送

ヤマト運輸の宅急便コンパクトにてお送り致します。
送料
送料の実費が発生いたします。
curon(クロン)ご利用料金
診察一回につきcuron(クロン)への支払い300円(税抜)が発生します。

  オンライン診療についてご不明な点がございましたら、診療時間内にお電話03-3506-8880、LINE、お問合せフォームからご連絡ください。

03-3506-8880


 

検査・治療の料金

検査・治療 料金(税別) 備考
国産先発品一相性(1シート) 3,000 郵送の場合の送料800円
国産先発品三相性(1シート) 3,000 郵送の場合の送料800円
採血検査 3,000 半年または1年毎
    
   無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00