女性の方へ

トピックス

女性のHIV感染について

男性に比べて女性の方が性交の際に接触する膣、子宮頸部の粘膜の表面積が大きいので、HIVに感染するリスクが高くなります。また、精液内のHIV濃度は、膣や子宮頸部の分泌液内の濃度よりもはるかに高いことから、膣性交に関して、女性のほうが男性のパートナーよりもリスクが大きいと考えられます。

肛門性交は、男女間、男性同士であるかにかかわらず、パートナーの肛門の組織を傷つけやすいという意味で、膣性交に比べてHIV感染のリスクが大きいです。

どんな形態のセックスでも、皮膚や粘膜に擦傷があれば感染のリスクは大きくなります。

10代の女性の未成熟な子宮頸部、閉経期の女性の膣の粘膜は薄くなり乾いてくるので、HIVに対する防御効果が低下して感染のリスクが高いと考えられます。

HIVは予防できます。PEP療法、PrEP療法がありますので、詳細をご確認ください。

PEP療法・PrEP療法 詳細 >

 

クリニックからひとこと

予約は不要です。

診療は男性医師が行います。
新橋院は、直接女性専用待合室にお越し下さい。
あおぞらクリニック新橋院の女性外来は「男性と入り口、待合室が別」「男性患者様と顔を合わせない」構造になっており、「新橋駅すぐ」の大きなビル内にあります。
新宿院は、入口が一緒になりますが、すぐに女性専用待合室にスタッフがご案内しますので、男性患者様と顔をあわせないよう配慮しております。

 

検査項目一覧

採血による検査項目

うがいによる検査項目(うがい液)

膣の検査項目

※医師による採取と自己採取を選択できます。

 

アフターピル(緊急避妊薬)の処方

性行為後、72時間以内にアフターピルを服用することで避妊率を抑えるお薬となります。

あおぞらクリニックでは即日でアフターピルを処方致します。

アフターピル詳しくはこちら >

 

女性外来の流れ

1来院

新橋院は、直接女性専用受付(339のお部屋)にお越しください。診察は来院順になりますのでご了承願います。新宿院は、直接おこしください。

2受付

問診表のご記入をお願いします。
日本性感染症学会会員であるスタッフがご相談に伺います。

3医師による診察

医師法20条により、医師による診療を行います。
ご本人のご希望を確認の上、適正な検査、治療をご提案します。
アフターピルや採血の検査では内診はありません。

問診風景
4会計

検査内容や薬剤を確認の上、
女性待合室にて会計して、終了です。

 

 

無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診