AGA外来

目次

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性における、髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。

一般的に遺伝と男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行して、薄毛が目立つようになります。

AGAは加齢とともに進行します。
放っておくと年齢とともに下のグラフのように髪の毛の数は、減っていきます。



 

AGAの分類

ハミルトン・ノーウッド分類
Ⅰ 全く薄くない状態
Ⅱ 額が少し後退した状態
Ⅱvertex 額がちょっと後退して頭頂部が薄くなった状態
Ⅱa 額がちょっと後退して前頭部が薄くなった状態
Ⅲ かなり額が後退した状態
Ⅲvertex 額がかなり後退して頭頂部が薄くなった状態
Ⅲa 額がかなり後退して前頭部が薄くなった状態
Ⅳ 額がさらに後退して頭頂部とつながりそうな状態
Ⅳa 額と前頭部がつながった状態
Ⅴ 額と頭頂部がつながった状態
Ⅴa 額と前頭部がつながり、さらに後方へ進んだ状態
Ⅵ 額と頭頂部がかなりつながって、側頭部と後頭部以外は地肌が露出した状態
Ⅶ 横と後頭部以外の地肌が完全に露出した状態

 

AGAの原因

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。



図のように、AGAの場合は正常の場合と比べ、数年かけて太くしっかりとした髪の毛が成長していく成長期を十分に経過せずに短くなり、後期に入るのが早くなるため、毛が薄くなり、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

なお、この毛髪サイクルを短くする原因のDHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。

5α-還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型があります。
Ⅰ型は、ほとんどの体毛の皮脂腺に存在します。
Ⅱ型の5α-還元酵素は、頭髪、ヒゲ、ワキ毛、スネ毛、陰毛などの毛乳頭細胞に多く存在します。

デュタステリドは、Ⅰ型とⅡ型の5α-還元酵素を抑制します。

フィナステリドは、Ⅱ型の5α-還元酵素を抑制します。



   

AGAの特徴

以上より、AGAは抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。
また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

ただし、AGAでは普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。

 

治療の料金

治療 料金(税別)
国産フィナステリド先発品 7,500
国産フィナステリド後発品 6,200
国産デュタステリド先発品 10,000
 

オンライン診療の流れ>

※初診の方も遠隔診療が可能です

    
   無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診

当院での新型コロナウィルス感染症の対応につきまして

37.5度以上の発熱の方、2週間以内に渡航歴のある方の御来院はお断りさせていただいております。

尚、新橋院・新宿院ともに現在初診からオンライン診療を行なっております。

詳しくはこちら>>>