カンジダの検査と治療について

目次

検査方法と検査ができる時期

カンジダはカビ菌の一種で、女性によく見られる病気の一つですが、男性にも見られます。

健康な人の粘膜や皮膚にもいる常在菌ですが、体の抵抗力が落ちた時など、何らかの要因でカンジダが増殖すると発症します。

当院で行なっている検査は
男性の場合は尿、もしくは皮膚擦過検査

女性の場合は膣分泌物、もしくは皮膚擦過検査です。

部位別検査方法

尿検査

男性の方で尿道症状があり、カンジダの検査を希望される場合は、尿を採取して尿培養検査を行います。

腟分泌物検査

女性の方で膣症状があり、カンジダの検査を希望される場合は、綿棒を使用して膣分泌物を採取し、培養検査を行います。

※膣の検査は、自己採取もしくは医師による採取をお選びいただけます。
※女性は生理中は検査ができません。生理が終わってからご来院ください。

皮膚擦過検査

陰部に皮膚症状があり、カンジダの検査を希望される場合は、綿棒を使用して皮膚や病変からでた擦過物を採取し、培養検査を行います。

上記いずれも、結果判明までは1週間ほどお時間を頂いております。

 

治療方法

カンジダの治療を希望される場合、症状箇所によっても治療内容が変わってきます。

男性
尿道のカンジダ症の治療を希望される場合は基本、1週間服用する抗真菌薬を処方します。
皮膚のカンジダ症の治療を希望される場合は基本、抗真菌薬の軟膏を処方します。

女性
膣のカンジダ症の治療を希望される場合は基本、膣錠を処方します。
皮膚と膣のカンジダ症の治療を希望される場合は基本、抗真菌薬の軟膏、内服薬を処方します。

※カンジダは常在菌の為、菌を完全になくすことは難しいですが、治療をして菌の量を減らしてくことは出来ます。

あおぞらクリニックでは、初診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

新橋院・新宿院どちらかご都合の良い院へお越しください。

予防方法

陰部を清潔に保ち、なるべく乾燥した状態で保つことが重要です。
また、締め付けの少ない通気性の良い下着を付けるのも良いでしょう。

そして不特定の方との性交渉は避け、性的接触がある際には必ずコンドームをすること、またはしてもらうことが重要です。

 

検査・治療料金

性病名 料金(税別) 採取物
カンジダ検査(尿道) 8,000 尿
カンジダ検査(膣) 8,000 膣分泌物
カンジダ検査(皮膚) 8,000 擦過物
カンジダ治療 10,000
 

お知らせ

11月・12月診療日のお知らせ>>>
11月から新宿院は月曜、金曜が休診となります。
年末年始は12/31~1/3が休診となります。
新型コロナPCR検査の年内予約最終受付は12/29までとなります。


03-3506-8880

現在、お電話では当院の受診に関する内容や受診された方の検査結果の確認のみ対応させて頂いております。
性感染症に関する一般的なご質問やご相談につきましては、お答えできませんのでご了承ください。

HIV予防PEP、PrEP無料相談

 

友だち追加

性感染症に関する知識をお届けします

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
新橋院の診療日とアクセス>>>

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
※月曜・金曜休診
新宿院の診療日とアクセス>>>