クラミジア、淋病における即日検査とは?? 

即日簡易検査(迅速検査)、即日精密検査の違い

即日簡易検査(迅速検査)はイムノクロマトグラフィー法で調べる簡易検査キットで、長所は小さく手軽であり、短時間で結果判定できることで、短所は精度が悪いこと(特に陰性の場合はあてにならない)と、のど(咽頭)や肛門の検査ができないことです。

クリニックで行われる検査で即日精密検査と言わずに、即日検査という場合はこちらになります。

精密検査は、大掛かりな検査機器を用いて行い、専門のスタッフが検査を行うため、クリニックで導入するのは困難ですので、通常クリニックで精密検査をする場合は外部の検査機関に依頼して検査をしてもらうのが一般的です。 長所は精度が高いことで、短所は外注するため日数がかかることです。

あおぞらクリニックは院内Laboを創設し、この精密検査をクリニック内でできるようにし、即日精密検査を実現しました。 精度が高く、即日で検査結果が判明することが特徴です。もちろん尿や膣だけでなく、のどや肛門の検査も可能です。

即日簡易検査(迅速検査)、即日精密検査の精度の違い

A社のクラミジア即日簡易検査キットを見ると以下のようになっています。 (子宮頸管部拭い以外は、他社との簡易キットとの相関しか掲載がありませんでした)

PCRによる核酸固定キットとの相関性試験結果

子宮頸管部拭い液検体について、A社の即日簡易検査キットにおける抗原検査と、 既承認のPCRキットによる核酸同定検査との相関性は、下記の通りでした。

PCRキット 合計
陽性 陰性
A社即日簡易 検査キット 陽性 58 0 58
陰性 23 95 118
合計 81 95 176

陽性一致率:71.6%(58/81)
陰性一致率:100%(95/95)
全体一致率:86.9%(153/176)

陰性一致率100%に対して、陽性一致率が71.6%とあまりにも低いため、本当は陽性の人を多く見逃して、陰性という結果になっているということになります。
(118例で陰性という結果を出したが、うち23例は陽性であった)

一方、TMA法の精度はこちらです。
条件を合わせるために、クラミジアの子宮頸管部拭いでの検査とします。
(参考までに、淋菌も掲載しています)

即日簡易検査(迅速検査)に対して、クラミジアの即日精密検査は陰性一致率99.2%、陽性一致率96.6%、淋病に関しては、ともに100%と非常に高い精度となっています。

クラミジア トラコマチス 子宮頸管スワブ
陽性一致率(%) 陰性一致率(%)
TMA法 96.6 99.2
(254/263) (4016/4048)
 
淋病 子宮頸管スワブ
陽性一致率(%) 陰性一致率(%)
TMA法 100 100
(69/69) (4239/4240)
Journal of Clinical Microbiology(2012)50:2244-2249,文献19

・クラミジアトラコマチス女性スクリーニング検体を用いた多施設評価。4,316検体。主評価はPCR法

・3つの測定法(TMA法,PCR法,SDA法)の少なくとも2法で陽性と判定された検体を”陽性の患者ステータス(Patient infection status,PIS陽性)”として定着して評価。

あおぞらクリニック
クラミジアの検査と治療 >

あおぞらクリニック
淋病の検査と治療 >

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
新橋院の診療日とアクセス>>>

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
新宿院の診療日とアクセス>>>