梅毒に関する項目一覧

梅毒とは

梅毒に感染していたら、「大動脈炎」「大動脈瘤」「ゴム腫形成」「鞍鼻(あんび)」などが発症する可能性もあります。

治療薬「ペニシリン」が発見されるまでは、不治の病として恐れられていた病気でした。
現在では早期治療すれば完治することができます。しかし、感染力が高いため安心はできません。
進行すると日常生活ができない程の症状が出る恐ろしい病気です。早期発見、早期治療を心がけましょう。

梅毒はTreponema palidum subspecies pallidum(T.p.)の感染で主として性行為または類似の行為により感染する性感染症の代表的な疾患です。
一般に皮膚や粘膜の小さな傷からT.p.が侵入することによって感染し、やがて血行性に全身に散布されて、さまざまな症状を引き起こす全身性の慢性感染症です。
胎児が母体内で胎盤を通して感染したものを先天梅毒と呼び、それ以外を後天梅毒と呼びます。
さらに、皮膚、粘膜の発疹や臓器梅毒の症状を呈する顕症梅毒と症状は認められないが梅毒血清反応が陽性である無症候梅毒に分けられます。

第一期梅毒
(感染後から概ね3週間後から3ヶ月の間に症状が現れる時期)

初期硬結(しょきこうけつ)

周辺の皮膚が傷となり潰瘍を形成します。基本的に痛みや痒みは伴いませんが、他の菌との重複感染により症状が現れる場合があります。

男性の好発部位:亀頭と陰茎の間の部分(冠状溝:かんじょうこう)、
亀頭、陰茎、性器周辺の皮膚
女性の好発部位:膣の中(子宮膣部)、大陰唇・小陰唇周辺の皮膚
男女共通の好発部位:口腔粘膜・咽頭粘膜
症状:基本的に痛みや痒みを伴わない硬いしこり

硬性下疳(こうせいげかん)

男性の好発部位:亀頭と陰茎の間の部分(冠状溝:かんじょうこう)、
亀頭、陰茎、性器周辺の皮膚
女性の好発部位:膣の中(子宮膣部)、大陰唇・小陰唇周辺の皮膚
男女共通の好発部位:口腔粘膜・咽頭粘膜

無痛性横痃(むつうせいおうげん:よこね)

感染部位周辺のリンパ節(鼠径部・頸部など)が硬く腫れます。無痛性で、治療せずに放置しておいても時間の経過と共に消失します。

第2期梅毒
(感染後から概ね3ヶ月以上経過した時期)

梅毒性バラ疹(ばいどくせいばらしん)

発疹が体幹を中心に顔面や四肢、足底や手掌に現れます。

丘疹性梅毒(きゅしんせいばいどく)

えんどう豆ほどの赤褐色の丘疹が体幹や顔面、四肢、足底や手掌に現れます。

扁平コンジローマ

尖圭コンジローマとは異なり、梅毒感染が原因で現れる扁平状のイボ
好発部位:陰部や肛門周囲の皮膚

膿疱性梅毒(のうほうせいばいどく)

体幹を中心に顔面、四肢、足底や手背に現れる膿を含んだイボ。

梅毒性脱毛

頭皮の一部もしくは、全体的に脱毛が起こる。頭皮以外のまつ毛にも起こることがあります。

梅毒性白斑(ばいどくせいはくはん)

皮膚の色素細胞が障害され、皮膚の一部もしくは複数が白くなります。
梅毒性爪炎・爪囲炎(ばいどくせいそうえん・そういえん)
症状:手や足爪や周辺が赤く腫れます。

梅毒性粘膜疹(ばいどくせいねんまくしん)

好発部位:口腔内粘膜、咽頭粘膜、口唇
症状:紅斑もしくは乳白色に腫れます。

梅毒性アンギーナ

扁桃や軟口蓋周辺が赤く腫れます。

第3期梅毒
(概ね3年〜10年以上経過している状態)

結節性梅毒(けっせつせいばいどく)

皮膚・骨・筋肉に、また肝臓や腎臓などにも硬いしこりやゴムのような腫れものができます。
鼻骨周辺に形成するゴム腫を(鞍鼻)ともいいます。
※現在、日本国内に第3期梅毒まで進行した症例はほとんど報告されていません。

第4期梅毒
(概ね10年以上経過している状態)

心臓血管系、中枢神経系が侵され、大動脈瘤形成や大動脈破裂が起こります。
脊髄癆(せきずいろう)により進行麻痺、痴呆などの症状が現れます。日常生活が困難となり、死に至ることもあります。
※第3期梅毒と同様に、日本国内に第4期梅毒まで進行した症例はほとんど報告されていません。

 

梅毒の症状

梅毒に感染すると、潜伏期間中は症状がありません。そのため、なかなか気づくことができません。
発見が遅れ、症状が進行すると日常生活ができない程の症状がでる病気です。 発症してからの症状としては、下記の症状が挙げられます。
しかし、この症状が絶対に出るというわけではありません。
早期発見・早期治療を心がけましょう。

  • 感染部位に硬いしこりができて痛みのない腫瘍になる。
  • 鼠径(ソケイ)部(足の付け根)にしこりができた。
  • 全身に赤いバラ疹が出る。(手のひらにも出る)
  • 以前、湿疹やしこりがあったけど今はなくなった。
  • 発熱や扁平コンジローマなどの症状が出る。

 

 

梅毒の感染経路

梅毒は感染者の皮膚や粘膜、血液、体液に潜んでおり、避妊具を使用しない膣性行為だけでなく、オーラルセックスやアナルセックス、キスだけでも感染します。

 

 

梅毒の潜伏期間

3〜6週間程度

 

 

梅毒の感染部位

性器周辺、口腔粘膜や咽頭周囲の粘膜。

バラ疹などの皮膚症状は、体幹を中心に顔面、手のひら、足の裏の皮膚

 

 

梅毒の検査方法と検査ができる時期

採血での検査

「TP法」と「RPR法」による検査

疑われる行為から1ヶ月以上2ヶ月未満の方向け

「TP法」による検査

疑われる行為から2ヵ月以上経っている方向け

 

 

梅毒の治療方法

抗生剤の内服

 

 

梅毒について詳しく解説

・歴史からみる梅毒

・疫学からみる梅毒

・感染経路を確認。梅毒はどうすれば感染するの?

・潜伏期間を知りましょう。梅毒の潜伏期は?

・病期と症状をチェック。梅毒を詳しく知りましょう。

・検査と治療方法は?梅毒が心配な場合は、早めに検査しましょう。

・男性が梅毒に感染した場合の初期症状13パターン

・しこりからわかる梅毒の初期症状とは?

・皮膚の痒み痛みが梅毒感染の初期症状の場合も

・喉の痛みは梅毒感染の初期症状

・鼻がもげるような痛みは梅毒の初期症状?

・保険で梅毒の治療はできる?保険適用と自由診療のメリットとデメリット?

・東京で梅毒検査を受ける場合は感染していつから?気になる費用は?

・梅毒治療で使われる薬はこんな薬名

・キスも梅毒の感染経路? 口の唾液から梅毒に感染する確率ってわかる?

・女性が梅毒に感染した場合の初期症状13パターン

・梅毒の治療に痛風の薬が効くって本当?薬は用法・用量を守って正しく飲みましょう!

・性行為をしなくても梅毒を家族に感染させるって本当?梅毒の脅威から家族を守るためのポイント!

・赤ちゃんや子供を梅毒から守ろう!定期妊娠健診で感染による障害から胎児を守る!

・足の付け根にできる『しこり』の原因は?梅毒かも。

・『しこり』は梅毒の危険信号?男性と女性で異なる症状の現れ方。