クラミジアに関する項目一覧

クラミジアとは

クラミジアは症状がほとんどないので気がつかないことが多いです。

クラミジアという病気は、すでに感染している人と性的な行為をすることで感染してしまう性病の一つです。
性病の中でも一番感染している人の数が多く、気がつきにくい病気であることも特徴になっています。

肛門クラミジアについては、新宿院でのみ検査可能です。ご相談ください。

クラミジアはトラコーマの原因微生物ですが、クラミジアに感染すると男性は尿道炎から精巣上体炎、女性は子宮頸管炎から骨盤内炎症疾患をひきおこします。
クラミジアは主に性器に感染し、その患者数は世界的にもすべての性病のなか最も多い感染症です。
とくに若年層の感染者が多く、最近の報告では18〜19歳の女性を検査したところ10人に3人がクラミジアに感染が認められました。
また、20代では20人に3人の割合で感染していて、そのうち5人に4人までが自覚症状がないという報告もみられます。
自覚症状がないままクラミジアの感染を放置すると精巣上体炎や骨盤内炎症疾患などをおこし不妊の原因をつくります。
感染のリスクが高いライフスタイルの方は定期的に検査で確認することをおすすめします。
クラミジア性尿道炎は感染後1〜3週間で発症しますが、淋病とくらべると感染してからの潜伏期間がなが長く、発症しても軽いかゆみや痛み、膿がでるなどの不快感や違和感だけで、排尿痛もほとんど感じない場合もあります。
また、まったく症状が出ない人もいるので、感染したタイミングを確定できない相談も増えています。

 

クラミジアの症状

クラミジアの症状は基本的にあまりありません。
性器クラミジアの場合
女性の7〜8割の方は症状に気づきません。
男性の場合でも5割の方は症状に気づきません。

 

男性の場合

  • 尿道に炎症が生じる事で、排尿痛がおこる恐れあり。
  • 痛みだけではなく性器に痒みを感じたり、サラサラとした尿道分泌液がでる可能性。パンツに染みが出来てくる。
  • 感染を放置すると、痛みが起こることだけではなく、男性不妊に繋がることも。

男性がクラミジアに感染した場合、尿道に炎症が生じることで排尿時に痛みをともなうことがあります。
痛みだけでなくかゆみを感じる場合もあり、ほかにもサラサラした尿道分泌液が出ることもあります。
症状が引いたあとでも感染が続いていることはあり、治っていないことが多いと言われます。
感染した状態を放置していると、精巣上体にクラミジアが侵入して睾丸全体が膨れて痛み出します。

 

女性の場合

  • 初めはあまり症状が無いですが、進行すると子宮頸管炎・子宮内膜症・卵管炎・骨盤腹膜炎といった病気を発症します。
  • 不妊に繋がることもあります。
  • 妊娠中の方の感染は、
    早産・流産・子宮外妊娠などといった事が起こる可能性がでてきます。

女性がクラミジアに感染した場合、おりものが増えたり不正出血が出たりします。
また、生理痛のような痛みが無症状のときも多くなってくるようです。
感染をそのまま放っておくと、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などにつながります。
ひどい場合は、臓器にまで影響を及ぼすことがあるようです。
また、感染する機会や回数が増えると不妊にもつながります。
さらに、子宮外妊娠や流産、早産にもなる原因が高くなります。

 

クラミジアの感染経路

性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)

 

クラミジアの潜伏期間

1〜3週間

 

クラミジアの感染部位

男性:尿道、肛門

女性:膣

※のど:咽頭クラミジアについては、こちらで詳しく記載してます。

※肛門クラミジアについてはこちらに記載してます。

 

クラミジアの検査方法と検査ができる時期

クラミジアの検査は、抗原検査と抗体検査の2種類に分けられます。
あおぞらクリニックでは、現在感染しているかどうかを調べる抗原検査を実施しています。

抗原検査・・・尿や膣分泌物で調べる方法

抗原検査は即日検査と、後日判明する精密検査((SDA/PCR法など)があります。
あおぞらクリニックでは、即日検査の結果は当日約30分後にお伝えし、精密検査(SDA/PCR法など)の結果は2~3日後、電話、インターネットで確認できます。
※現在、精密検査はSDA法よりリアルタイムPCR法の精度が優れていため、あおぞらクリニックはリアルタイムPCR法を用いて精密検査をおこなっています。

性器クラミジア検査

検査方法

男性の方は、尿を採取して検査をおこないます。
女性の方は、綿棒を使用して膣からの分泌物を採取し検査をおこないます。
※土曜日は、膣診察を行わないため、分泌物の採取はご自身で行っていただきます。予めご留意ください。
また、あおぞらクリニックでは実施していませんが、クラミジアには血液検査(抗体検査)で調べる方法もあります。

咽頭クラミジア検査

検査方法

生理食塩液(食塩水)20mlを15秒間、うがいしていただきます。

抗体検査・・・血液からクラミジア抗体(IgA、IgG)を検出して感染の状態を確認します。

クラミジア抗体(IgA・IgG)の結果の解釈
IgA IgG クラミジア抗体(IgA・IgG)の結果の解釈
→感染していない。もしくは初期のクラミジア感染。
→感染している可能性がある(初期のクラミジア感染の疑い)
→過去感染していた可能性がある
→過去感染して、現在も感染状態の疑いがある(かなり前からのクラミジア感染の疑い)

※血液検査のメリット
妊娠中に検査を行う時、母子共に安全性が保たれる。(陰部に綿棒を入れる方法は胎児にとって危険なため)
※血液検査のデメリット
①過去の感染でも抗体が陽性となるため、現在感染しているかどうか判断することができません。
②治療が完了して検査する場合、治癒していても持続に抗体は陽性となるため、治ったかどうかの判定には不向きです。
③陽性の場合、性器の感染か咽頭(のど)の感染か特定することができません。

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

女性は生理中は検査ができません。生理が終わってから検査を行いましょう。

 

クラミジアの治療方法

抗生剤の内服

マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の抗生物質を使用します。

服用期間は薬の種類によって異なりますが、1週間程度で終わる場合がほとんどです。

治療終了後、1ヶ月程度の間隔をあけてから再度検査を行い、この検査で菌がいなくなったことを確認できれば治療は終了です。