クラミジアとマイコプラズマの違いって何?

クラミジアとマイコプラズマの症状の違い

クラミジアの場合は、男性は尿道から乳白色または透明のサラサラした分泌物が出たり、排尿時に痛みを伴うことがありますが、男性の半数は尿道の症状が出ません。

女性は下腹部痛や性交痛、不正出血、おりものの増量などが現れることがありますが、70〜80%の方に自覚症状はなく、感染期間が長くなると、子宮頸管炎や子宮内膜症などの発症のほか、不妊症に繋がる恐れがあります。

また、口腔性交(キスやオーラルセックスなど)によってのどにも感染しますが、のどの症状は男女ともに90%の方が出ないといわれています。

マイコプラズマの場合も、クラミジアに似たような症状が現れることがありますが、男女ともに症状が出にくいです。

クラミジアと同様に、キスやオーラルセックスなどの口腔性交があった場合は、のどにも感染しますが、のどの症状は陰部よりも出にくいため、感染していることに気づかないことが多くあります。

上記の通り、男女ともに症状が出にくいことに加え、クラミジアとよく似ている感染症であるため、検査以外での判断は困難となっています。

クラミジアとマイコプラズマの原因菌の違い

性感染症でのクラミジアの原因菌は、クラミジア・トラコマティスという細菌です。粘膜から侵入することで、上記のような症状を引き起こすことがあります。

同じくマイコプラズマの原因菌は、マイコプラズマ・ホミニス、マイコプラズマ・ジェニタリウムという2種類の細菌が存在します。それぞれの検査をしなければどちらに感染しているか、あるいは両方に感染しているかはわかりません。

クラミジアとマイコプラズマの治療効果の違い

クラミジアは、抗生剤1回の内服で90%以上消失します。稀に残ったとしても、第二選択薬で完治することがほとんどですが、マイコプラズマは、クラミジアと比較して治療効果が得にくいとされています。

マイコプラズマはクラミジアに似た菌でありながら、高い治療効果が得られる薬剤が少なく、遺伝子1箇所変異すれば耐性菌になってしまうので、耐性が付きやすいこともあり、治療期間が長くなる傾向があります。

そのため、第一選択薬で治療したとしても根治率が75〜80%(当院データ)と低く、治りにくいことがあります。

マイコプラズマが陽性となった場合、基本的には1週間服用する抗生剤の処方となります。

まとめ

前述のようなクラミジアの症状が見られたのに、検査の結果が陰性であったという場合、似たような症状を引き起こすマイコプラズマに感染している可能性も考えられます。

ただし、症状からでは判断ができないため、早期発見のためにも検査されることをお勧めします。

当院によるクラミジア
の検査と治療 >

お知らせ

11月・12月診療日のお知らせ>>>
11月から新宿院は月曜、金曜が休診となります。
年末年始は12/31~1/3が休診となります。
新型コロナPCR検査の年内予約最終受付は12/29までとなります。


03-3506-8880

現在、お電話では当院の受診に関する内容や受診された方の検査結果の確認のみ対応させて頂いております。
性感染症に関する一般的なご質問やご相談につきましては、お答えできませんのでご了承ください。

HIV予防PEP、PrEP無料相談

 

友だち追加

性感染症に関する知識をお届けします

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
新橋院の診療日とアクセス>>>

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
※月曜・金曜休診
新宿院の診療日とアクセス>>>