クラミジアと淋病の違いって何?

クラミジアと淋病の症状の違い

クラミジアは、男性の場合、尿道からサラサラした透明、または乳白色の分泌物が現れ、排尿時に軽度の痛みを伴うことがあります。しかし、無症状の場合もあります。

女性の場合、おりものの増量や不正出血、下腹部痛、性交痛などが現れることがありますが、半数以上は自覚症状が出ないともいわれています。また、感染している期間が長いと子宮頸管炎や骨盤内炎症疾患、不妊症の原因になるともいわれています。

男女ともに、キスやオーラルセックスなどの口腔性交があった場合は、のどにも感染する恐れがあります。ただ、のどに現れる症状は、90%の方が無症状といわれています。

淋病は、男性の場合、尿道から黄白色の膿性の分泌物が現れ、排尿時に痛みを伴うことがあり、クラミジアよりも強い症状が出ることがあります。ただし、無症状の場合もあります。

女性の場合、おりものの変化などの症状が出ることもありますが、無症状のことも多くあります。 男女ともに、のどの場合は、90%の方が無症状といわれています。

上記のように淋病の方が強い症状が出ることがありますが、個人差が大きいため、症状からの判断は難しくなります。

したがって、どちらに感染しているか確定させるには検査をする必要があります。また、淋病とクラミジアは20〜30%で合併していることがあります。

 

クラミジアと淋病の症患者数の違い

情報元:厚生労働省> (数値を当方でグラフにしました)無断転載禁止

グラフから分かるように、クラミジアは比較的女性が多く報告されていますが、男性も多く報告されています。

淋病は圧倒的に男性が多く報告されています。これは、女性が自覚症状に乏しいことで、検査を受けることが少ないことが一因ではないかと考えられます。

クラミジアと淋病の治療の違い

治療法としては、クラミジアは抗生剤を内服します。基本的に一回の内服で、90%近く消滅するといわれています。治癒が見られなかったとしても、第二、第三選択薬で完治するケースがほとんどです。

対して、淋病は点滴、または注射をします。淋病も適切な治療を行えば完治する病気です。
クラミジア、淋病はともに免疫ができないため、何度も感染する可能性があります。

予防法としては、クラミジアと淋病ともに菌が存在する場所(目、咽頭、膣、尿道、肛門など)から、性行為によって直接粘膜へ接触することによって感染するため、性行為(オーラルセックス含む)の際、コンドームを正しく着用すること、不特定多数の性的接触を避けることが挙げられます。

まとめ

クラミジアと淋病は、症状に個人差があるため、症状からの判断は困難です。どちらもやはり性行為で感染するものなので、性行為があったならば、早めの検査が必要となります。

特に、クラミジアと淋病は合併しているケースも多く見られるので、検査を行う際には両方とも調べると良いでしょう。

当院によるクラミジア
の検査と治療

無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診

当院での新型コロナウィルス感染症の対応につきまして

37.5度以上の発熱の方、2週間以内に渡航歴のある方の御来院はお断りさせていただいております。

尚、新橋院・新宿院ともに現在初診からオンライン診療を行なっております。

詳しくはこちら>>>