マイコプラズマ・ウレアプラズマ(性器・のど)に関する項目一覧

マイコプラズマ・ウレアプラズマ(性器・のど)とは

2012年から日本でも検査が可能になったため、知名度は低いですが、検査を行うとクラミジアや淋病の感染率と同じように高い確率で感染が認められています。

性病のマイコプラズマの原因菌とマイコプラズマ肺炎の原因菌は別物です。 マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが、性病のマイコプラズマは 飛沫感染せず主に性行為によって感染します。また、キスだけでも感染の可能性があります。 検査は、2種類のマイコプラズマ、2種類のウレアプラズマをそれぞれ検査をします。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマ(性器・のど)の症状

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状は、性器のかゆみや異臭、尿道痛、のどの痛みといった淋病やクラミジアとよく似たもです。
あまり知られていない病気ということもあり、症状だけを見て淋病やクラミジアの検査をして陰性だったからそのままに…というケースも少なくありませんが放っておくと悪化、炎症を起こし、不妊の原因などにつながる可能性があります。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状(性器の場合)

  • 尿道の違和感・排尿痛。
  • 性器のかゆみ。
  • 性器から膿が出る、パンツに染みが出来ている。
  • おりものの増加、性器の異臭。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの症状(のどの場合)

  • のどに違和感(いがらっぽい感じ)、痛みやイガイガした感じ。
  • 咳が出やすい。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染経路

性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス、キス)

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの潜伏期間

1〜5週間

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの感染部位

男性:尿道、のど

女性:膣、のど

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査、うがいの検査

女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査、うがいの検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

女性は生理中は検査ができません。生理が終わってから検査を行いましょう。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療方法

抗生剤の内服