咽頭淋病に関する項目一覧

咽頭淋病とは

淋病は性器への感染が多いですが、性器だけでなく咽頭にも感染することがあります。
それが、咽頭淋病といわれるものです。

咽頭の淋菌の感染は最近とくに増加の傾向があります。
アダルトビデオや性風俗の一般化でオーラルセックスに対する抵抗が少なく、
感染予防のない性交渉を日常的におこなっている傾向が高まるにつれて咽頭感染の相談が増えてきました。
性器への感染がなくても咽頭に感染している症例が多くなっていますので注意が必要です。

 

 

咽頭淋病の症状

咽頭淋病は、咽頭クラミジアと同じで症状があまりなく、のどの痛みや腫れといった風邪に似た症状が出ます。
風邪と勘違いしてそのままにしてしまったり、風邪薬を飲んでいたりと咽頭淋病に気づかず放置してしまい悪化すると、咽頭炎・扁桃腺炎といった病気を発症してしまいます。

  • のどの痛み、腫れ、咳、発熱などの風邪のような症状。
  • のどの見た目に明らかな変化なし。
  • クラミジアや淋病に感染した人の10〜30%は咽頭からも菌が検出されます。
  • 咽頭炎、扁桃腺炎などといった病気が発症します。

 

咽頭淋病の感染経路

性行為(セックス、オーラルセックス、キス)

 

咽頭淋病の潜伏期間

2〜7日

 

咽頭淋病の感染部位

のど

 

咽頭淋病の検査方法と検査ができる時期

うがいの検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

 

咽頭淋病の治療方法

抗生剤の点滴または筋肉注射

合併症等が無い場合には、通常は1回の点滴で治療が終了します。

また、クラミジアなど他の菌に感染していることも少なく無いので、その可能性を考えて飲み薬の抗生物質を併用する場合もあります。

治療後は菌が消えたことを確認するために再検査を受けることが望ましいですが、治療直後は死菌の影響で検査が陽性となってしまう可能性があるため、治療後1ヶ月程度経過してから再検査を受けることが望ましいです。