淋病に関する項目一覧

淋病とは

淋病は「淋菌」という菌が原因となって発症する性感染症の1つです。性行為などで粘膜に感染するため、とても感染しやすい病気の1つでもあります。

肛門淋病については、新宿院でのみ検査可能です。ご相談ください。

淋病に感染すると男性は主に尿道炎になり、女性は子宮頸管炎をおこします。
淋病の原因となる菌は非常に弱く、単独で存在することはできません。したがって淋病の感染経路は必ず人から人へのものになります。
淋病はクラミジアとならんで感染している人の多い性病です。また、1回のSEXで感染する確率は30%と高く、感染を放置すると重症化をおこします。
最近、淋病で一番大きな問題になっているのが、淋菌の抗菌薬耐性化になります。
これは今まで効果のあった抗菌薬に対して淋菌が抵抗力を持つことを意味しています。抗菌薬耐性化が進むと淋菌に対して使える抗菌薬がなくなり、
淋病の治療が近い将来では非常に難しくなることを示しています。

 

淋病の症状

男性の場合

  • 尿道に違和感、痒みがある。
  • 尿道炎によって激しい尿道痛といった症状が生じる。
  • 性器から黄白色のドロっとした膿が出る。
  • 進行すると精巣上体炎といった病気を発症。

自覚症状がはっきりしていて、尿道炎による激しい排尿痛を訴えます。

 

女性の場合

  • 初めはあまり症状がないですが、進行すると卵管炎・腹膜炎・肝周囲炎といった病気が発症します。
  • 妊娠中の方の感染はとても危険です。

膿の様なおりものが増加するケースもありますが、一般的には自覚症状がありません。
妊娠中に淋菌に感染すると流産や骨盤内感染症、早産、破水の原因になってしまうことがあります。

 

淋病の感染経路

性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)

 

淋病の潜伏期間

2〜7日

 

淋病の感染部位

男性:尿道

女性:膣

 

淋病の検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査

女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

女性は生理中は検査ができません。生理が終わってから検査を行いましょう。

 

淋病の治療方法

抗生剤の点滴または筋肉注射

合併症等が無い場合には、通常は1回の点滴で治療が終了します。

また、クラミジアなど他の菌に感染していることも少なく無いので、その可能性を考えて飲み薬の抗生物質を併用する場合もあります。

治療後は菌が消えたことを確認するために再検査を受けることが望ましいですが、治療直後は死菌の影響で検査が陽性となってしまう可能性があるため、治療後1ヶ月程度経過してから再検査を受けることが望ましいです。

 

淋病診察の流れと料金はこちら