トリコモナスに関する項目一覧

トリコモナスとは

性行為の経験のない方(特に女性)や幼児も感染する場合があります。

トリコモナスとは、トリコモナス原虫という肉眼では見ることのできない原虫が性器内に入り込み炎症を起こす性病の一種です。男女で寄生部分が違います。
男性の場合は前立腺や精のう、尿道に寄生。女性の場合は膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生します。
男女共に尿道に感染した場合は尿によって流される可能性があります。
また感染経路が多く、主な感染は性行為ですが下着やタオル、便器や浴槽といった場所から感染する可能性があります。
つまり、性行為の経験のない方(特に女性)や幼児も感染する場合があります。

 

トリコモナスの症状

トリコモナスの症状は男性の場合は主に尿道から膿が出る、軽い排尿痛があるなどで、悪化すると尿道炎の他、前立腺炎を発症します。
女性の場合は異臭の強いおりものの増加、膣やその周辺のかゆみや痛みを感じるなどといった症状が出て、
悪化すると炎症が卵管まで進み、不妊症や早産、流産をまねく程ひどくなってしまします。

トリコモナスは感染していても症状が出ないという感染者の方が約20〜50%います。
その為、気づかずに放置するといったケースが多いです。放置してしまうと、病気は悪化する一方で治ることはありません。
少しでも可能性があるのであれば、男性の場合は検査の性質上、精度が安定しないため、パートナーの感染が認められた時は治療を優先して行います。

 

トリコモナスの感染経路

性的接触のほか、下着やタオル、便器や浴槽といった場所からの感染もあります。

 

トリコモナスの潜伏期間

男性:10日前後

女性:5日~14日前後

 

トリコモナスの感染部位

男性:前立腺、精巣、尿道

女性:膣内、子宮頚管、膀胱、尿道

 

トリコモナスの検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査

女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

 

トリコモナスの治療方法

抗原虫剤の内服、膣錠(女性の場合)

 

トリコモナスの検査(自由診療)

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

尿検査

男性用の検査

検査結果 5日〜7日後

※検査結果はWEBで確認できます。

※検査をしても検出されないことがある為、パートナーがトリコモナスに感染していた時は治療をお勧めします。

 

膣分泌液検査

女性用の検査

検査結果 5日〜7日後

※検査結果はWEBで確認できます。

 

トリコモナスの治療(自由診療)

治療方法 10日間の薬の服用

(内服開始から、13日間の禁酒が必要となります。)

 

 

 

トリコモナスの検査方法

受付

問診表のご記入をお願いします。
匿名で記入いただいて大丈夫です。
日本性感染症学会会員であるスタッフがご相談に伺います。

受付用紙イメージ
問診

医師法20条により、医師による問診を行います。
その上で、ご本人のご希望を確認の上、
適正なSTD検査(性病検査)をご提案します。

問診風景

検査
男性の場合
尿検査となります。

検査用具

女性の場合
膣からの分泌物を採取します。
但し、女性外来は新橋院のみ診療しております。 (医師は男性です。ご自身での採取も可能です)
結果報告

即日(クイック)検査については、
医師と一緒に検査結果を確認します。
感染していた場合には、投薬治療となります。
後日、検査結果がわかるものについては、 お電話やWEB上(PC・スマートフォンで閲覧可能)で確認できます。
書面が必要な方は、検査結果をお渡しいたします。WEBからご自身で検査結果を出力することも出来ます。
(90日間までWEBからダウンロードが可能です。)

診断書イメージ

 

 

 

1日でも早く安心したい方、今すぐご連絡くださいお近くのあおぞらクリニックをクリックしてください
新橋院の診療時間とアクセスはこちら新宿院の診療時間とアクセスはこちら
1日でも早く安心したい方、今すぐご連絡ください
1日でも早く安心したい方、今すぐご連絡ください
新橋院の診療時間とアクセスはこちら新宿院の診療時間とアクセスはこちら

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ