トリコモナス

目次

 

 

トリコモナスとは

トリコモナス原虫という肉眼では見ることのできない原虫が性器内に入り込み炎症を起こす性病の一種です。

男女で寄生部分が違います。男性の場合は前立腺や精のう、尿道に寄生。

女性の場合は膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生します。

トリコモナス寄生虫画像

トリコモナス寄生虫画像
出典:CDCホームページ

男女共に尿道に感染した場合は尿によって流される可能性があります。

また感染経路が多く、主な感染は性行為ですが下着やタオル、便器や浴槽といった場所から感染する可能性があります。

つまり、性行為の経験のない方(特に女性)や幼児も感染する場合があります。

 

症状

潜伏期間は男性の場合10日前後、女性の場合は5日~14日前後です。

  • 症状は男性の場合は主に尿道から膿が出る、軽い排尿痛があるなどで、悪化すると尿道炎の他、前立腺炎を発症します。
  • 女性の場合は異臭の強いおりものの増加、膣やその周辺のかゆみや痛みを感じるなどといった症状が出て、悪化すると炎症が卵管まで進み、不妊症や早産、流産をまねく程ひどくなってしまします。

感染していても症状が出ないという感染者の方が約20〜50%います。

その為、気づかずに放置するといったケースが多いです。

放置してしまうと、病気は悪化する一方で治ることはありません。

少しでも可能性があるのであれば、男性の場合は検査の性質上、精度が安定しないため、パートナーの感染が認められた時は治療を優先して行います。

 

検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査
女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

尿検査

男性用の検査
検査結果:5日〜7日後

※検査をしても検出されないことがある為、パートナーがトリコモナスに感染していた時は治療をお勧めします。

膣分泌液検査

女性用の検査
検査結果:5日〜7日後

検査結果はWEBで確認できます。

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

 

治療方法

抗原虫剤の内服、膣錠(女性の場合)

 

予防方法

不特定多数との接触は避け、コンドームの着用を正しく行ないましょう。

また、生理中はトリコモナスが繁殖しやすい環境の為、生理中の接触も控えましょう。

希に濡れたタオルの共有やお風呂に一緒に入ることで感染するケースもあり、タオルの共有などはやめましょう。

 

 

 

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診