B型肝炎・C型肝炎に関する項目一覧

B型肝炎・C型肝炎について

B型肝炎について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が、血液や体液を介して感染する肝臓の病気です。HBVは、感染した時期や健康状態によって、一時的な感染に終わるもの(一過性感染)と、ほぼ生涯にわたり感染が継続するもの(持続感染)とに大別されます。現在、国内のHBV感染者数は、110万~140万人といわれていますが、そのほとんどが母子感染(垂直感染)によるものです。
以前は輸血による感染もありましたが、1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によるHBV感染者数は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。
我が国の成人における急性B型肝炎の多くは、性感染によるものと考えられています。しかし、性行為によって感染した急性B型肝炎の実数、感染率等については、明らかになっていません。
また、HIV感染例においては、HBVとの重複感染になるケースが多く、かつ無症候性キャリア化する傾向にあります。

 

C型肝炎について

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することにより起こる肝臓の病気です。HCVに感染すると約70%の人が、生涯にわたり感染が継続する持続感染者となります。放っておくと慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。症状がない場合も定期的に検査をして、必要なら治療を含めて対処を検討しなければなりません。現在、世界全体で1億7000万人、日本では約100万人程度のHCV感染者がいると考えられています。その中には、感染に気づかない人や通院していない人が多く含まれています。慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者の60%がHCV感染者であり、年間3万人の方が肝がんにより亡くなっています。できるだけ多くの方に、C型肝炎についての正しい情報を知っていただきたいと思います。

 

B型肝炎・C型肝炎の症状

B型肝炎

急性肝炎と慢性肝炎に大別されます。

急性肝炎

感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。
中には、激しい炎症による肝不全、いわゆる劇症肝炎を起こすこともありますので、このような症状があれば、速やかに医療機関を受診することが必要です。

 
慢性肝炎

出生時や乳幼児期にHBV感染した場合、持続感染に移行します。生後数年~十数年間は肝炎の発症がなく、感染したHBVは排除されずに体内で共存しています。この状態を無症候性キャリア(症状がなくても他人に感染させうる状態)と言います。 思春期を過ぎると自己の免疫力が発達し、異物(病原物質)であると認識できるようになります。白血球(リンパ球)がHBVを体内から排除しようと攻撃を始めますが、この時リンパ球が、HBVに感染した肝細胞も一緒に壊してしまうので、肝炎が起こり始めます。 一般的には、10~30才代の頃に一過性の強い肝炎を起こしますが、HBVは増殖性の高いウイルスから、時間と共に比較的おとなしいウイルスに変化します。 その後、多くの場合はそのまま生涯にわたって強い肝炎を発症しません(非活動性キャリアと言います)。このように思春期以降、一過性の肝炎を起こした後、そのまま一生、肝機能が安定したままの人がおよそ80~90%です。残りの10~20%の人は慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変、肝がんになる人も出てきます。

C型肝炎

HCVは、血液を介して感染し、2~14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがあります。ただし、急性肝炎を起こすことは比較的まれで、多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。
また、60~80%の人では、ウイルスが自然に排除されることなく慢性化し、慢性肝炎になると言われています。C型肝炎は、慢性肝炎の段階ではほとんどの場合、自覚症状がありません。
慢性肝炎の患者さんのうち30~40%の方が、約20年の経過で肝硬変に進行します。さらに肝硬変の患者さんでは、年率約7%の頻度で肝がんが合併すると言われています。
また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると命にかかわることもあります。
肝硬変や肝がんが末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸や腹水貯留、意識障害が進行していきます。

B型肝炎・C型肝炎かなと思った時のポイント

B型肝炎・C型肝炎共に急性肝炎に移行した時は、典型的な自覚症状が出現するため、早期の発見も容易です。
感染してから1~6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、目の白い部分(眼球結膜)が黄色くなって、その後皮膚も黄色みを帯びてくる黄疸などの症状が出現します。
その一部で感染してから短期間で激しい炎症がおこることにより、肝不全になることもあります。
このような症状があれば、速やかに医療機関を受診することが必要です。
B型肝炎・C型肝炎に共通していることとして、生涯にわたり感染が継続する持続感染者が一定の確率で存在します。放っておくと慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合があるので注意が必要です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、それは臓器の持つ予備能力が高いために、自覚症状がないまま病気が進むことがあるからです。慢性化した時、初期症状がほとんど出ないケースが多いため、初期症状で肝炎ウイルスの感染を疑うことは非常に困難とされています。

 

B型肝炎・C型肝炎の検査方法

B型肝炎

検査では、抗原(B型肝炎ウイルスそのもの)が血液中にあるかどうかを調べます。
抗原が陽性(+)の場合、B型肝炎ウイルスに感染していることを意味します。 検査の種類は即日検査と精密検査の2種類あります。
HBVについて、感染機会からから2ヶ月経過していれば即日検査が可能です。感染機会から35日経過していれば精密検査で検出可能です。

 

C型肝炎

HCVに感染しているかどうかは、感染した場合にできる血液中の抗体を調べることで行います。これを抗体検査といいます。
当院では、感染機会から3ヶ月経過していれば即日検査が可能です。また、感染機会から24日経過していれば、血液中にHCV遺伝子があるかどうかを調べるHCV核酸増幅検査(HCV-RNA定量検査)も可能です。

 

B型肝炎・C型肝炎の検査料金(自費診療)

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

B型肝炎ウイルス即日検査

HBVについて、感染機会からから2ヶ月経過している場合

検査結果 15分後

料金 8,000円(税別)

 

B型肝炎ウイルス精密検査

HBVについて、感染機会から35日経過しいている場合

検査結果 4~5日

料金 10,000円(税別)

 

C型肝炎ウイルス即日検査費用

感染機会から3ヶ月経過している場合

検査結果 30分後

料金 8,000円(税別)

 

C型肝炎ウイルス精密検査費用

感染機会から24日経過している場合

検査結果 4~5日

料金 10,000円(税別)

血液中にHCV遺伝子があるかどうかを調べるHCV核酸増幅検査(HCV-RNA定量検査)が可能です。

 

B型肝炎・C型肝炎の治療について

B型肝炎の場合

慢性肝炎の場合は、ウイルスを体から排除することはほぼ不可能で、治療の目的は「肝硬変への進展や発がんをおさえて長生きすること。そして毎日を快適に過ごすこと。」になります。
治療法は大きく分けて、抗ウイルス療法、肝庇護療法、免疫療法があります。
急性肝炎の場合は、一般に肝庇護療法によりほとんどの方は治癒します。
しかし、B型急性肝炎を発症した方では、劇症肝炎になり死亡する危険性もまれにあるため注意が必要です。もしも当院での検査で感染が認められた場合には、あおぞらクリニックでは治療を行っていなので、B型肝炎の治療を行っている専門の医療機関をご紹介しています。(紹介状無料)

 

C型肝炎の場合

C型慢性肝炎に対するもっとも根本的な治療は、HCVを体内から排除することです。もしも当院の検査で感染が認められた場合には、あおぞらクリニックでは治療は行っていないのでC型肝炎の治療を行っている専門の医療機関をご紹介しています。(紹介状無料)
1992年以降、日本ではインターフェロンという注射薬を基本にした治療が行われてきました。その後、投与期間の延長やリバビリンという内服薬を併用することで、より高い効果が期待できるようになりました。2003年にはペグインターフェロンという週1回の注射で済む薬剤も開発されています。インターフェロンが基本の治療は、血中ウイルス量が多い患者さんには効きにくく、少ない患者さんには効きやすいという特徴があります。
その後、インターフェロンフリー(インターフェロンを使わない内服薬だけの治療)が登場し、2014年9月に国内でも使えるようになりました。治療が難しい症例でも、95%以上の方でウイルスを体内から無くすことが可能となっています。
しかし、体内からHCVを排除することができても、これまで悪くなってきた肝臓病そのものが完治したわけではありませんので、引き続き経過観察を受けることが重要です。特に肝臓病が進行してしまった方の肝がん合併の危険性は、引き続き残っていると考え、定期的な超音波検査やCT・MRI検査などの画像検査を受けることが重要です。また、これらの最新の治療法を受けられるのは、慢性肝炎と初期の肝硬変(代償性肝硬変)の患者に限られており、非代償性肝硬変(肝臓の障害が高度で、低アルブミン血症や腹水、肝性脳症などの症状を伴う)の患者に対しては、現在のところ投与することができません。
その他に、C型肝炎の進行を助長する血液中の鉄分を減らすための瀉血療法(200ml程度の血液を定期的に抜く治療)があるほか、ウルソデオキシコール酸(内服)やグリチルリチン配合剤(注射)により、肝機能を正常に保ち肝炎の進行を防止する肝庇護療法があります。

 

メールでの問い合わせ