カンジダ

カンジダに関する項目一覧

 

執筆者:内田千秋
あおぞらクリニック新橋院院長(医師)

 

カンジダとは

女性によくみられる病気の1つですが、それに比べると男性の発症率は少ないとされています。

感染するのは、性器・膣内などです。一般的にカンジダ(性器カンジダ症)と言われる性行為でうつる病気の1つです。

カンジダは、カンジダ属の真菌(しんきん)というカビの一種によって起る性器の感染症になります。

女性の感染症のなかでは頻繁にみられる病気です。

発症には何らかの原因があり、とくに抗生剤の服用が原因になることが多いです。

女性のおもな症状は膣炎や外陰炎になりますが、双方が合併して発症することが多くみられます。

また、カンジダは、女性に比べて、男性が感染することは比較的少ないと言われています。

 

症状

カンジダの主な症状は、性器周辺の痒みや発疹、白っぽいおりものなどがみられます。

排尿時や性交時に痛みが出たりと症状は様々です。

症状の原因としては風邪や疲労、ストレス、他の性病の感染などがあります。

  • 性器周辺の痒みや熱感、発疹などがみられる。
  • 粘度の高い白いヨーグルト状のおりもの(酒粕状・カッテージチーズ状など)の増加
  • 排尿時・性交時の痛みがある。
  • 男性の場合はまれに尿道炎を起こすことがある。それ以外に亀頭周辺が赤くなったり、ただれや白い分泌物がみられる。

 

原因

  • 風邪・疲労・ストレス
  • HIVなどの他の性病の感染
  • ホルモンの変化(生理痛)
  • 糖尿病
  • 湿っていたり、キツイ下着の着用

 

感染経路

常在菌による自己感染が多く、性的接触でも感染します。

 

潜伏期間

1日〜1週間前後

 

感染部位

男性:尿道、性器周辺の皮膚

女性:膣内、性器周辺の皮膚

 

カンジダの検査方法と検査ができる時期

男性:尿検査、皮膚擦過検査

女性:膣分泌物(綿棒での拭い)検査、皮膚擦過検査

感染機会から24時間以上経過で検査可能です。

 

カンジダの治療方法

抗真菌薬の内服、軟膏、膣錠(女性の場合)

 

検査(自由診療)

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。

患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

 

尿検査

男性用検査

検査結果:数日〜1週間

※検査結果はWEBで確認できます。

 

皮膚検査

男女共に可能な検査

検査結果:数日〜1週間

※検査結果はWEBで確認できます。

 

膣分泌物検査

女性用検

検査結果:数日〜1週間後

※検査結果はWEBで確認できます。

 

治療(自由診療)

 

男性の場合

治療方法:軟膏

 

女性の場合

治療方法:膣錠または内服や軟膏

 

あおぞらクリニック受付からの流れ>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

診療時間

診療時間
11:00〜14:30
16:00〜20:00
9:30〜13:30
14:30〜18:00

*奇数月の第2週日曜日は休診

 

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
地図をみる

新橋駅日比谷口から徒歩0分

03-3506-8880

あおぞらクリニック 新宿院

診療時間

診療時間
11:00〜14:30
16:00〜20:00

*土,日休診

 

〒160-0022
新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
地図をみる
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです

新宿駅東口から徒歩1分

03-3353-8800

※ご予約不要です。診療時間内にお越し下さい。
※性器淋病・性器クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。
※医師は、男性となります。
※女性の膣の検査(クラミジア、淋病、マイコプラズマ、ウレアプラズマ等)は、自己採取もしくは医師による採取をお選びいただけます。
※生理中、妊娠中の方は膣の検査は出来ませんのでご注意ください。