赤痢アメーバ症

赤痢アメーバ症に関する項目一覧

 

執筆者:内田千秋
あおぞらクリニック新橋院院長(医師)

 

赤痢アメーバ症とは

赤痢アメーバ症は赤痢アメーバ(Entamoeba・histolytica:エンタメーバ・ヒストリティカ )という原虫が感染することで起こる感染症です。

感染経路としては、赤痢アメーバの感染嚢子(シスト)が付着している肛門を直接舐めたり、肛門に触れた手で口に触れることが原因となる性的接触による感染(糞口感染)と、赤痢アメーバの感染嚢子(シスト)に汚された飲食物等を経口摂取することが原因となる感染(経口感染)があります。

シストが消化管に入ると、小腸で脱嚢して様々な症状を起こします。

症状

感染した方に症状が現れる確率は約5~10%といわれています。

大腸の粘膜が潰瘍を起こすことによって血便や下痢、排便時の下腹痛などの症状が起こります。

典型的な症状としてイチゴゼリー状の粘血便がでることが有名です。

発熱や上腹部痛、食欲不振や嘔吐などの症状が見られますが、日ごとに変化し、数週間の間隔で増悪と寛快を繰り返します。

症状が悪化すると腸穿孔(ちょうせんこう:腸に穴が開く)を起こす事があります。

また、赤痢アメーバが、血液の流れに乗り肝臓や肺、脳や皮膚などの各臓器に膿が貯まることがあります。

肝膿症(肝臓に膿が貯まる病気)がもっとも頻度が高いとされています。

赤痢アメーバ症かな?と思った時のポイント

  • いちごゼリーみたいな血が混じった粘液混じりの便がでた
  • 下痢が続く
  • つねに便意を感じているような感覚がする
  • 排便とともに、急にお腹が痛む
  • 断続的にお腹の痛みと吐き気がおこる

検査料金(自由診療)

あおぞらクリニックでは、問診料や再診料は頂いておりません。
患者様のご負担は、検査料金とお薬代のみです。

検査方法
便の検査を行います。
検査結果
5~7日後
料金
8,000円(税別)
診察料
0円

治療料金(自由診療)

赤痢アメーバ症の治療はお薬の処方を行っています。

治療方法
10日間服用するお薬
料金
20,000円(税別)
診察料
0円

 

あおぞらクリニック受付からの流れ>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

診療時間

診療時間
11:00〜14:30
16:00〜20:00
9:30〜13:30
14:30〜18:00

*奇数月の第2週日曜日は休診

 

〒105-0004
東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
地図をみる

新橋駅日比谷口から徒歩0分

03-3506-8880

あおぞらクリニック 新宿院

診療時間

診療時間
11:00〜14:30
16:00〜20:00

*土,日休診

 

〒160-0022
新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
地図をみる
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです

新宿駅東口から徒歩1分

03-3353-8800

※ご予約不要です。診療時間内にお越し下さい。
※性器淋病・性器クラミジアの即日検査の受付は、終了30分前までとなります。
※医師は、男性となります。
※女性の膣の検査(クラミジア、淋病、マイコプラズマ、ウレアプラズマ等)は、自己採取もしくは医師による採取をお選びいただけます。
※生理中、妊娠中の方は膣の検査は出来ませんのでご注意ください。