マイコプラズマ・ウレアプラズマセット

メンズセットM・レディースセットM マイコプラズマ・ウレアプラズマセットとは

マイコプラズマとウレアプラズマは、2012年から日本でも検査が可能になりましたが、保険診療の適用になっていません
そのため、まだまだ知名度は低いですが、検査を行うと、クラミジアや淋病の感染率と同じように高い確率で感染が認められています。

検査を行っている病院が少ないため、非クラミジア性・非淋菌性尿道炎などと、一括りにされてしまっています

マイコプラズマ肺炎であれば、聞き馴染みがあるかもしれませんが、性病のマイコプラズマの原因菌とマイコプラズマ肺炎の原因菌は別物です。
マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが、性病のマイコプラズマは飛沫感染はしません、主に性行為によって感染します。
また、のどにも感染するため、キスだけでも感染の可能性があります。

検査は、2種類のマイコプラズマ、2種類のウレアプラズマをそれぞれ検査をします。
マイコプラズマとウレアプラズマの、性器(尿道、膣)とのどの検査と、治療(いずれかに対する抗生剤の処方)と、治ったかどうかの検査を含めたセット
です。

「パートナーがマイコプラズマやウレアプラズマに感染していた!」
「クラミジアや淋病ではなかったが、症状が続いている!」
という方に向けたセットです。

検査は精度の高い精密検査で調べておいて、結果が出る前にお薬をお渡しすることが可能です。
(検査結果はwebで確認ができるので、結果の確認のためだけに再度お越しいただく必要はありません。)

 

検査項目

・性器マイコプラズマ
(hominis・genitalium)
・咽頭マイコプラズマ
(hominis・genitalium)
・性器ウレアプラズマ
(parvum・urealyticum)
・咽頭ウレアプラズマ
(parvum・urealyticum)

セット内容

検査だけでなく、その日のうちに抗生剤などの処方をさせていただきます!
検査と治療と、治ったかどうかの検査を含むセット内容です!
※マイコプラズマ・ウレアプラズマ共に感染があった場合は、2種類の抗生剤を処方します。その際は、10,000円(税別)の追加費用がかかります。

トータル料金 30,000円(税別)

検査について

性器マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査

検査方法 男性は尿検査、女性は膣からの分泌液

検査結果 約4〜5日後

 
咽頭マイコプラズマ・ウレアプラズマの精密検査

検査方法 男女共にうがい液

検査結果 約4〜5日後

 

治療について

症状にあわせた抗生剤の処方(7日間服用するお薬となります)
※マイコプラズマ・ウレアプラズマ共に感染があった場合は、2種類の抗生剤を処方します。その際は、10,000円(税別)の追加費用がかかります。

 

確認検査(治ったかどうかの検査)について

メンズセット・レディースセットでは、治療後に、陽性だった項目が治っているかどうかの検査を無料で行います。
適切な抗生剤を服用した場合でも、耐性菌と呼ばれる抗生剤が効かない菌だった場合などがあり、完治する確率は100%ではないため、治ったかどうかの検査は、とても重要な検査となります。

※当院では確認検査は、通常、治療後4週間以上あけてからの検査をおすすめしています。
これは、当院で行っている遺伝子を調べる検査は非常に精度が高いため、すでに治っている(死んでいる菌)のに検査結果が陽性と出ることがあるためです。

陽性反応があった項目のみ、1ヵ月後の1回のみ無料になります。
(確認検査で治っていなかった場合は、違う種類の抗生剤の処方などを行いますが、その際の治療費や、その後の検査料金は別途発生致しますので、あらかじめご了承ください)

 
   無料相談・問合せはこちら>

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00

あおぞらクリニック 新宿院

新宿区新宿3丁目18-1
しんじゅく一色ビル6階
*1Fにソフトバンクさんがあるビルです
新宿駅東口から徒歩1分
平日祝日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日休診