EDの4つの原因と治療について

EDとは「Erectile Dysfunction」の略語で、勃起不全、勃起障害と日本語で訳されます。

つまり、性交時に十分な勃起が得られない、あるいは十分な勃起の状態を維持できない。そういった状態のことをEDと言います。

ただし、EDと一口に言っても、感じる症状は人それぞれです。

例えば、性欲はあるし、興奮もするが勃起はしない。勃起はしても十分な硬さはない。持続しない。たまに勃起しないことがある等、男性ならば多くの人に起こりうる病気なのがEDです。

では、何故EDが起こるのか。理由は様々です。
それというのも、勃起は神経・血管・心理的要因が折り重なった上で至ります。

それぞれに問題がある場合はもちろんのこと、どれかに問題があっただけでもEDになるリスクはあるのです。

以下の4つの原因を見てみましょう。

原因①:神経の障害

通常は性的刺激を受けると、神経を伝達して勃起の信号が送られます。

そのため、神経に障害を受けると、勃起の信号が陰茎まで届かずにEDの原因となります。

神経が障害される病気は、脳出血や脊髄損傷、てんかん、パーキンソン病、アルツハイマー病、糖尿病の合併症の1つである糖尿病性神経障害などが挙げられます。

原因②:血管の障害

性的刺激を受け、陰茎に勃起の信号が送られた後、陰茎海綿体に血液が流れ込み、膨張して硬くなります。

そのため、血管の働きが何らかの原因によって妨げられると、勃起せずEDの原因となります。

このパターンで最も多いのは、加齢による動脈硬化です。

それ以外にも、動脈硬化の原因となる、糖尿病や高血圧、高脂血症といった血液循環に関連する生活習慣病を有する方は、EDになるリスクが高くなります。

原因③:心理的要因

心理的要因によるEDは2種類あり、1つ目は精神的、日常的なストレスや、性交がうまくいかなかった時のトラウマなどによる、自分自身が自覚している現実心因と呼ばれるもので、今日こそはうまくやらなければといったプレッシャーや、また失敗するかもしれないといった、性交に直接関わるものだけでなく、心配事や、仕事でのストレス、経済的困窮など、日常生活や些細なことでのストレスでも、EDの原因になりえます。

2つ目は深層心因と呼ばれるもので、幼い頃のトラウマなどで、自分自身で自覚していない無意識下でのストレスです。
いずれも性的興奮がうまく陰茎まで伝わらないために、EDの原因となることがあります。

ED薬でEDが改善されるとメンタル面も良くなったりしますが、改善が無い場合は、心療内科の受診をお勧めします。

原因④:服用している薬剤

上記3点の他にも、服用している薬剤が原因で、EDになるリスクが高まる場合もあります。
降圧剤や、抗うつ剤、精神安定剤、向精神薬、睡眠薬等を服用されている場合には、薬の副作用により、EDになる可能性もあります。

ただし、EDという副作用を気にすることで、自己判断による休薬、薬の変更などは、ご自身の状態を悪化させる可能性があります。
決して自己判断はせず、必ず主治医に相談されるようにしてください。

EDの原因は1つだけでない可能性が多い

ここまでEDの原因となりうるものを説明してきましたが、実際にはいずれかが原因でEDになったというよりは、複数の原因が重なって起こることが多いです。
※例えば、仕事でのストレス、疲労、加齢による動脈硬化、降圧剤の服用。これらの原因が合わさってEDになった等。

当院でもED薬を取り扱っております。
また、ED外来は医師・受付ともに男性が対応させていただきますので、今まで受診をためらっていた方も、お気軽にご相談ください。

当院によるED治療について >

お知らせ

【新規検査のお知らせ】
4月16日(火)より、一般健診用採血検査腫瘍マーカー検査を開始いたします。
詳細は各リンク先よりご確認をお願い致します。

【新宿院休診のお知らせ】
5月18日(土)は新宿院が臨時休診となります。
ご了承をお願いいたします。

【結果判明時間について】
4月1日より、後半診療の淋菌クラミジアの精密検査TMA法は従来翌日中だったのが翌日昼12時までに結果判明となります。
また5月12日(日)は休診日のため、5月11日(土)後半診療(14時30分以降)受付の淋菌クラミジアの精密検査TMA法は5月13日の結果判明予定となります。ご了承をお願いいたします。

【ご来院に際してのお願い】
咳症状がある方につきましては、他の患者様にも考慮し、マスクの着用をお願いしております。
お持ちでない場合は、受付の際にお申し出ください。

【薬剤入荷状況について】
・シタフロキサシン
・グレースビット
上記2点が入荷時期未定のため、処方ができなくなる可能性がございます。
予めご承知のほどをお願いいたします。

ED治療薬の取り扱いが一部変更となります。

詳しくはこちら>>>

AGA治療薬の取り扱いが一部変更となります。

詳しくはこちら>>>

    • クラミジア
    • 淋病(淋菌)
    • 咽頭クラミジア
    • HIV・エイズ
    • 梅毒
    • ヘルペス
    • カンジダ
    • HPV
    • マイコプラズマ
    • トリコモナス
    • 一般細菌
    • B型肝炎・C型肝炎
    • A型肝炎
    • 赤痢アメーバ症


03-3506-8880

現在、お電話では当院の受診に関する内容や受診された方の検査結果の確認のみ対応させて頂いております。
性感染症に関する一般的なご質問やご相談につきましては、お答えできませんのでご了承ください。

HIV予防PEP、PrEP無料相談

友だち追加

性感染症に関する知識をお届けします

クリニック紹介

あおぞらクリニック 新橋院

東京都港区新橋2丁目16−1
ニュー新橋ビル3階 330(男性) 339(女性)
新橋駅日比谷口から徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土日祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
新橋院の診療日とアクセス>>>

あおぞらクリニック 新宿院

東京都新宿区西新宿1−3−1
新宿サンフラワービル 10階
*1Fに宝くじ売り場のあるビルです
JR新宿駅西口から徒歩5分
都営大江戸線新宿西口駅 D4出口より徒歩0分
平日
11:00〜14:30 16:00〜20:00
土曜・祝日
9:30〜13:30 14:30〜18:00
※日曜休診
※後半診療の最終受付は15分前までになります。
新宿院の診療日とアクセス>>>