HIV(エイズ,AIDS)に対するPrEP療法に関する項目一覧

 

HIV(エイズ,AIDS)に対するPrEP療法とは(PrEP療法は、現在は新宿院でのみ行っています。PEP療法についてはコチラです。)

PrEPとは、曝露前予防(Pre-Exposure Prophylaxis)の略語です。HIV感染のリスクが非常に高い方(セックスパートナーがHIV感染者など)が、原則として毎日、抗レトロウイルス薬(HIVに対する治療薬)の内服行い、HIVの感染を予防する方法です。
PrEP療法は、規定どおりに使用するとHIV予防効果は非常に高くなりますが、一貫して服用しないと、効果が低下するといわれています。
しかし、毎日の服用が困難な場合、性行為前と性行為後の特定の時間で内服することにより、同様な予防効果を発揮するともいわれています。

※ 性交渉前の曝露前予防を目的とした抗HIV薬内服は、日本では未承認ですが、アメリカなど複数の国では、国策として多くの国民に浸透している予防療法になります。
※ アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の研究データでは、90%以上の予防効果が期待できるといわれていますが、100%の予防効果が期待出来るわけではないので、あらかじめ留意してください。
※ 予防効果を考えた時、他の性感染症(梅毒・B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・クラミジア・淋病など)を予防する予防法ではないため、性行為時のコンドーム使用は必須となります。そして、セックスパートナーは特定の方に限定することが推奨されます。

 

PrEP療法の対象

  • 性行為や、日常生活においてHIVに感染する可能性があると考えている方
  • 毎日、抗レトロウイルス薬(HIVに対する治療薬)を内服することが可能な方
    ※薬の飲み忘れ、飲み飛ばしが頻回にある場合、PrEPの効果が低下することがあります。
  • PrEP療法開始前に、今現在、HIVやB型肝炎ウイルスに感染していないことが明確になっている方
    ※すでにHIVやB型肝炎ウイルスに感染している場合、PrEP療法の対象にはなりません。

 

PrEP療法の副作用と注意点

副作用

代表的な副作用として、腎機能障害・吐き気・軽いお腹の張り(腸管内のガスが増えます)などが挙げられます。

注意点

B型肝炎ウイルスに感染している方は、この薬の使用を中止するとB型肝炎が悪化することがあります。とくに進行したB型肝炎の場合は、症状が重くなることがあります。

次の人は、この薬を使用することはできません。
・過去に抗HIV治療薬に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある方
・骨粗鬆症を治療中の方

次の人は、慎重に使う必要があります。使用する前に医師に告げてください。
・腎臓に障害のある方
・肝臓に障害のある方

この薬には併用を注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師に相談してください。

 

処方までの流れ

問診・診察

問診・診察を行い、HIV感染のリスクおよびPrEP療法の適応を判断します。

 
血液検査

HIVやB型肝炎ウイルスにすでに感染していない事、腎機能障害が無いことの確認を行います。

※すでにHIVやB型肝炎ウイルスに感染している方、中等度以上の腎機能障害のある方は残念ですが、PrEP療法を受けることができません。

 
抗HIV薬の保険適応外使用に関する医師による説明と同意文書への署名

服用方法、予想される副作用、副作用が発現した場合の対処方法などを説明します。

 
抗HIV薬の処方

HIV-1逆転写酵素の活性を阻害し、感染力のあるウイルスの増殖を抑えます。

※代表的な副作用は、腎機能障害・軽いお腹の張り(腸管内のガスが増えます)・吐き気などが挙げられます。

服薬方法:毎日、夕食後に1錠内服していただきます。

※血液の中の薬の濃度が安定するように24時間間隔で内服されるのが理想的です。
※性行為は、薬剤の血中濃度が安定する服薬開始10日以上経過してから行ってください。

 
その後のフォローアップ

原則として、服用開始から3ヶ月毎にHIV検査とB型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・梅毒の検査、肝機能、腎機能評価検査を適宜お勧めしています。

 

治療費について

初回の診察及び即日検査費用として22,000円(税別)が必要になります。
30日間の薬剤費として、180,000円(税別)となります。
処方した薬剤は返品、返金できませんので、ご了承ください。

PrEP期間中の3ヶ月毎の検査は、別途費用が必要になります。

なお、On-Demand Prep療法という限られた日数のみ内服する方法もありますので、ご相談ください。