マイコプラズマ・ウレアプラズマセットとは

2012年から日本でも検査が可能になったため、知名度は低いですが検査を行うと、クラミジアや淋病の感染率と同じように高い確率で感染が認められています。
性病のマイコプラズマの原因菌とマイコプラズマ肺炎の原因菌は別物です。
マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが、性病のマイコプラズマは飛沫感染せず主に性行為によって感染します。
また、キスだけでも感染の可能性があります。
検査は、2種類のマイコプラズマ、2種類のウレアプラズマをそれぞれ検査をします。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマセットの検査項目

  • 性器マイコプラズマ(hominis・genitalium)
  • 咽頭マイコプラズマ(hominis・genitalium)
  • 性器ウレアプラズマ(parvum・urealyticum)
  • 咽頭ウレアプラズマ(parvum・urealyticum)

マイコプラズマ・ウレアプラズマセット内容

検査だけでなく、症状に合わせて抗生剤などの処方をさせていただきます!
治療もセットの内容です!
※マイコプラズマ・ウレアプラズマ共に感染があった場合は、2種類の抗生剤を処方します。その際は、10,000円(税別)の追加費用がかかります。

トータル料金 30,000円(税別)

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマセットの検査について

性器マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査
 

検査方法 男性は尿検査、女性は膣からの分泌液

検査結果 約3〜4日後

 

咽頭マイコプラズマ・ウレアプラズマの精密検査
 

検査方法 男女共にうがい液

検査結果 約3〜4日後

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの治療について

症状にあわせた抗生剤の処方(7日間服用するお薬となります)
※マイコプラズマ・ウレアプラズマ共に感染があった場合は、2種類の抗生剤を処方します。その際は、10,000円(税別)の追加費用がかかります。

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマの確認検査について

治療後に、しっかり完治したかどうかを調べるための検査を行ないます。
陽性反応があった感染のみ、1ヵ月後に1回のみ無料になります。

 

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ