マイコプラズマ・ウレアプラズマに関するQ&A一覧

マイコプラズマ・ウレアプラズマに関するQ&A

    • どうやって感染するの?
      マイコプラズマ・ウレアプラズマは性行為を通じて感染します。
      キスだけでも感染の危険がありますので注意しましょう。

 

    • マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査に保険は効くの?
      保険診療では検査を行うことはできないです。
      日本では2012年から検査が出来るようになった新しい検査項目のため保険は適応されません。そのため検査を行っている病院も少ないです。
      あおぞらクリニックでは常時検査を行っていますが、他の病院に行かれる際は検査を行っているか先にご確認なさることをお勧め致します。

 

    • もし治療をしなかったらどうなりますか?
      残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
      病気による炎症が原因で不妊になってしまう方もいらっしゃるので気をつけましょう。
      マイコプラズマ・ウレアプラズマは自覚症状が無い方も多いので、知らないうちに症状が進行しないよう注意が必要です。

 

  • マイコプラズマ肺炎とは違うの?
    はい。マイコプラズマ肺炎とは異なります。
    マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが性病のマイコプラズマは、性行為でないと感染しないマイコプラズマです。

 

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ