淋病に関するQ&A一覧

淋病に関するQ&A

  • のどの淋病の検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか? はい、のどに感染している相手とキスをすると、のどに感染してしまいます。
    また、性器に感染している相手とオーラルセックスをすると、のどに感染します。
    ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介してのどにも感染します。
    のどは症状が出にくいので、一緒に検査することをおすすめしています。
  •  
  • 治るまでにどれくらいかかるの? ほとんどの方は1回の点滴で完治できます。
    痛みや膿なども、点滴をしてから2〜3日でなくなることが多いです。
    また、1回の点滴で淋病と咽頭淋病、両方を治療することができます。
    性器の淋病には1日服用するお薬の処方での治療も可能ですが、点滴治療をおすすめしています。
    咽頭淋病に感染している方は、点滴治療となります。
  •  
  • 確認検査や治癒検査には必ず行かないといけないの? はい。検査には必ずいらっしゃって下さい。
    治療後、症状がなくなっていてもまだ菌が残っている可能性があります。完治の確認には確認検査が必須になりますので、4週間経過後にもう一度いらっしゃって下さい。
  •  
  • もし治療をしなかったら、どうなりますか? 残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
    淋病の場合は数日で症状が悪化することが多いです。
    症状が進行すると、男性の場合には精巣に菌が侵入し、炎症が起こり不妊の原因になることもあります。
    女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらに激しい腹痛に襲われる方もいらっしゃいます。
 

メールでの問い合わせ メールでの問い合わせ