梅毒の潜伏期間

感染後3〜6週間程度の潜伏期を経て、時間とともに様々な症状が現れます。

梅毒に感染後

一時的に症状が消失する時期があります。そのため、治癒したと思って医療機関を受診しない方が多く、治療開始の遅れに繋がるとされています。

感染してから約3週間後

梅毒トレポネーマが侵入した箇所の組織が硬くなったり(初期硬結)、欠損(潰瘍状の病変)がみられたりします。痛みを伴わないリンパ節の張りや腫れを伴うこともあります。

梅毒の第Ⅰ期の症状

なお、この第Ⅰ期の症状は、特に治療をしなくても数週間程で消えてしまいます。
そのために感染したことに気づくことが難しいとされています。第 I 期梅毒の症状が一旦消失した後、4〜10週間の潜伏期を経て、手のひらや足の裏を含む全身に、多彩な皮疹、粘膜疹、扁平コンジローマ、梅毒性脱毛などが出現します。この時、全身に見たことがないような発疹が出現して、初めて皮膚科を受診し、梅毒だと判明するケースが多いようです。

梅毒の治療

早期に治療したほうがより治癒までの過程が短いとされていますので、陰茎や咽頭(のど)に潰瘍やしこりが認められたときには、積極的に検査をお受けください。