女性の性病検査はできますか?

新橋院で毎日行っています。(奇数月の第2日曜日を除く)
診察は、男性医師になりますので、ご了承願います。
膣の検査は、医師による分泌物の採取も行いますし、ご本人による自己採取でも可能です。

続きを見る

どうやって感染するの?

マイコプラズマ・ウレアプラズマは性行為を通じて感染します。
キスだけでも感染の危険がありますので注意しましょう。

続きを見る

マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査に保険は効くの?

保険診療では検査を行うことはできないです。
日本では2012年から検査が出来るようになった新しい検査項目のため保険は適応されません。そのため検査を行っている病院も少ないです。
あおぞらクリニックでは常時検査を行っていますが、他の病院に行かれる際は検査を行っているか先にご確認なさることをお勧め致します。

続きを見る

もし治療をしなかったらどうなりますか?

残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
病気による炎症が原因で不妊になってしまう方もいらっしゃるので気をつけましょう。
マイコプラズマ・ウレアプラズマは自覚症状が無い方も多いので、知らないうちに症状が進行しないよう注意が必要です。

続きを見る

マイコプラズマ肺炎とは違うの?

はい。マイコプラズマ肺炎とは異なります。
マイコプラズマ肺炎は飛沫感染(咳やくしゃみが原因となる感染)しますが性病のマイコプラズマは、性行為でないと感染しないマイコプラズマです。

続きを見る

現代の医学ではヘルペスは完治しないと聞いたのですが……

残念ながらその通りです。現代の医学では症状を抑えることはできても、ヘルペスを完治させることは出来ません。
一度症状が治まってもストレスがかかった時や睡眠不足の時などは再発しやすくなります。
このように今後の生活で注意しないといけない点がいくつかあるので、専門の医師に相談することをおすすめします。

続きを見る

常にパートナーを感染させてしまうリスクがあるのですか?

症状が落ち着いてもパートナーにうつしてしまうリスクはあります。
症状が出ている時には特に感染確率が高いので、行為をしないようにしましょう。
このように、感染を避けるために気をつけないといけない点もありますので、今後のために正しい知識を身に付けましょう。

続きを見る

HIVはどれくらいの確率でうつりますか?

HIV自体の感染力は強くないので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。
ただし、性器や口の中に傷がある場合はうつるリスクが高まるので一度検査をしておくことをおすすめします。

続きを見る

HIVに感染しないためにはどんな事に気をつけたらいいの?

第一に性行為の時にはコンドームを使用しましょう。そしてHIV検査を受けて、ご自身が感染していないことを確認して下さい。
特定のパートナーがいれば相手にも検査を受けてもらいましょう。
お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人の間での性行為は 安全と言えます。

続きを見る

HIVになっていた場合、どのような症状が出るんですか?

発症して2週間ほどで発熱、倦怠感、筋肉痛、肺に違和感、下痢、のどが痛い、嘔吐、リンパ節の腫れなどの症状が出ることがあります。
ただし、これらの症状が出ない場合もあるので、無症状でも不安な場合は検査をうけておいたほうがいいでしょう。

続きを見る

検査は早めにしておいた方がいいの?

できるだけ早めの検査をおすすめします。
もしHIVに感染していて治療をしないとエイズが発症してしまいます。
薬を服用しているか服用していないかで病気の進行速度が大きく変わりますので、早めの検査・治療を行いましょう。

続きを見る

HIV検査はどこで受けることができますか?

HIVを検査する代表的な方法としては、 「病院で検査する」「保健所で検査する」「キットを使って自宅で検査する」の3種類があります。

あおぞらクリニックでの検査

検査可能時期

即日検査は思い当たる行為から4週間経っていれば出来ます。
また、思い当たる行為から2週間経っていれば出来る検査もあります。(こちらの検査の場合は結果が出るまで1週間かかります)

検査結果が分かるスピード

即日検査であれば、検査後15分~ 30分で結果がわかります。

正確さ

即日検査は、あおぞらクリニック・保健所共に同じ方法で検査をしており、精度は高いです。

料金

8,000円(税別)~
※検査方法により値段が変わります。

証明書、診断書の発行

無料結果証明カードを発行します(希望者)
Webからご自身で検査結果を出力できます。
診断書、英文診断書:5,000円(税別)

保健所での検査

検査可能時期

60日以上もしくは、即日検査は90日以上経過したら検査をすることが 出来ます。

検査結果が分かるスピード

検査の予約が先まで取れないことがあります。また、即日検査を実施している保健所は少なく、通常は結果が出るまで1週間程度かかり、その間はHIVに感染しているかわからずに結果を待つことになります。

正確さ

即日検査は、あおぞらクリニック・保健所共に同じ方法で検査をしており、精度は高いです。

料金

無料です。

証明書、診断書の発行

書面は発行されません。

検査キットでの検査

検査可能時期

検査キットにより条件が変わりますので、しっかりとご確認下さい。

検査結果が分かるスピード

郵送での結果の確認となるので、結果が出るまで時間がかかります。
病院に行く必要はないので、仕事等で診療時間中に通院できない方や近くに性病の病院が無い方にとっては使いやすいかもしれません。

正確さ

血液を郵送し、専門機関に判断してもらうタイプの検査キットは国が認めており、精度は高いです。
※自分で結果を判断するキットは国に認められていないので信ぴょう性が無く、使用はおすすめできません。

料金

3,000円~6,000円で販売されていることが多いです。

証明書、診断書の発行

会社ごとに異なります。

続きを見る

HIVを検査する方法はどのようなものがあるのですか?

HIVを検査する方法で、一番最初に行われる検査は3種類あります。
※1 下記の3種類の検査は全てとても精度が高い検査です。
※2 日本で見つかるHIVのほとんどはHIVⅠ型で、HIVⅡ型は日本では滅多に見られないタイプのHIVです。

第3世代抗体検査

検査可能時期 思い当たる行為から8週間後

調べるもの HIV I 型の抗体と HIV II 型の抗体

料金 8,000円(税別)

検査結果 15分程度

第4世代抗原抗体検査

検査可能時期 思い当たる行為から4週間後

調べるもの HIV I 型の抗原の一部 とHIV I 型の抗体とHIV II 型の抗体

料金 10,000円(税別)

検査結果 20分程度

NAT検査

検査可能時期 思い当たる行為から14日後

調べるもの HIV I 型の抗原

料金 16,000円(税別)

検査結果 1週間程度

続きを見る

もしHIVに感染していたとしたらどうなるの?

HIVに感染していることが分かっても、エイズとして病状が発症するまでには数年の時間があります。
エイズが発症する前に検査を受け、適切な治療を行い、 お薬を服用すればエイズの発症を抑えることが出来ます。

あおぞらクリニックで検査を受け、もし感染していることがわかった場合は、患者様の通院可能な時間帯に診療をしていて、通いやすい場所にあるHIV拠点病院をご紹介いたします。
HIV拠点病院とは、HIV治療専門の診療科のある病院のことで、設備が整っています。紹介の際には無料でご紹介状を作成いたします。 (HIV拠点病院での治療は保険診療が適用されます。)

続きを見る

完全にHIVの不安をなくすためにはどうすればいいですか?

医学的に「完全にHIVの心配が無い」と言えるのは「思い当たる行為から3ヶ月以上が経過してから、HIV第3世代抗体検査またはHIV第4世代抗原抗体検査を受け、陰性の結果が出た場合」です。
思い当たる行為から14日後に受けることのできるNAT検査なども非常に精度が高い検査ではありますが、検査可能なのはHIVのⅠ型のみで、HIVのⅡ型を検査することは出来ません。

続きを見る

のどの淋病の検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?

はい、のどに感染している相手とキスをすると、のどに感染してしまいます。
また、性器に感染している相手とオーラルセックスをすると、のどに感染します。
ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介してのどにも感染します。
のどは症状が出にくいので、一緒に検査することをおすすめしています。

続きを見る

治るまでにどれくらいかかるの?

ほとんどの方は1回の点滴で完治できます。
痛みや膿なども、点滴をしてから2〜3日でなくなることが多いです。
また、1回の点滴で淋病と咽頭淋病、両方を治療することができます。
性器の淋病には1日服用するお薬の処方での治療も可能ですが、点滴治療をおすすめしています。
咽頭淋病に感染している方は、点滴治療となります。

続きを見る

もし治療をしなかったら、どうなりますか?

残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
淋病の場合は数日で症状が悪化することが多いです。
症状が進行すると、男性の場合には精巣に菌が侵入し、炎症が起こり不妊の原因になることもあります。
女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらに激しい腹痛に襲われる方もいらっしゃいます。

続きを見る

パートナーにうつしてしまっていないか心配です。

パートナーの方も一度検査を受けることをおすすめします。
クラミジアは、性行為やそれに類似する行為(オーラルセックス等)で30〜50%の確率でうつり、自覚症状が無いことも多いので、念のため検査を受けることをおすすめします。
「ピンポン感染」(お互いに病気をうつしあうこと)を防ぐために、二人で検査と治療を受けましょう。

続きを見る

もし治療をしなかったら、どうなりますか?

残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
男性の場合は精巣に菌が侵入し不妊の原因になることがあります。
女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらには激しい腹痛に襲われ救急車で運ばれる方もいらっしゃいます。

続きを見る

薬を飲んだけど、なかなか症状がなくなりません。

クラミジアの菌が死んでからも、炎症は残ることがあります。もともとの重症度にも比例するのですが、長い方だと1ヶ月以上経ってから症状がなくなる方もいます。あおぞらクリニックでは、1回の服用で完治するお薬を処方しております。

場合によっては、クラミジア以外の検査をしていない病気の重複感染の恐れもあります。2週間程度経っても症状の改善が見られない時はクリニックまでご相談ください。

まれに、抗生物質の耐性菌があり、こちらで処方したお薬が効かない方もいらっしゃいます。その際は、別のお薬を処方致しますので、クリニックまでお問い合わせください。

続きを見る

英語を話せるスタッフはいますか?

申し訳ございませんが、日本語のみでの診察となります。
※患者様の方で通訳の方を同伴いただけるなら診療いたします。
※英語で診断書をお渡しすることは可能です。

続きを見る

注射針などの使い回しはありませんか?

注射針等の使い回しは一切ございません。常に新品のものを使用しております。また、その他にも衛生面を考慮し、アルコール消毒用の綿も個別包装のものを使用しておりますし、椅子に敷くシートも毎回取り替えています。

続きを見る

どの時間帯が比較的空いていますか?

日によって異なりますが、新橋院・新宿院ともに平日の12時30分から14時まで、午後の診療が始まる16時から18時は比較的空いている場合が多いです。また、混んでいる場合でも診療時間内に来院頂いた方の検査は必ず行いますのでご安心ください。
土曜日の午前中は、平日よりおまたせすることがございます。

検査の内容次第ではございますが所要時間の目安としては、最大でも来院からお帰り頂くまで2時間以内に収まるとお考え頂けたらと思います。通常は1時間以内に終わります。

続きを見る

検査結果を他の患者さんのものと取り違えることはありませんか?

はい。自信を持って「取り違えることは無い」と言えます。
正しい検査結果をお伝えすることは病院としての最低限の義務です。
あおぞらクリニックでは万が一にも取り違えが起こらないよう、万全の体制で検査を行っています。
具体的には患者様1人1人に番号を割り振り、その番号を試験管(正式名称:スピッツ)やトレーにも書くことで、匿名であっても検査結果を取り違えることのないようにしています。
また、結果をお伝えする際には即日検査の検査キットに間違いがないか、患者様ご本人に確認頂いております。
また、院外のラボに検査を任せる場合には必ずダブルチェックを行い、決して取り違えることのないよう徹底した管理を行っています。

続きを見る

治ったかどうかの検査は、薬の服用が終わってから4週間経過しないとできませんか?

陽性(感染していた)だった病気が治ったかどうか検査は、精密検査(PCR法)で行ないます。精密検査は、大変精度が高い検査なので、早めに検査をしてしまうと病原菌の死骸に対しても反応してしまい陽性(感染している)という診断結果がでることがあります。
その為、4週間経過後に検査をすることをお勧めしております。

続きを見る

いんきんたむしは性病ですか?また、検査や治療は出来ますか?完治までの期間はどれくらい?

いんきんたむしは性行為が原因で感染することもありますし、それ以外の原因で感染することもあります。
なので一概に性病と言うことは出来ませんが、あおぞらクリニックではいんきんたむしの検査や治療も行っていますので不安な際にはご相談ください。

続きを見る

症状が良くならない場合は再度病院に行ったほうが良いのでしょうか?

確認検査にお越し頂く時期になってから再来院なさることをお勧め致します。その理由としては、お薬の効果で菌がいなくなっていても少しの間、炎症が残り、完治していても痛みがなくなるまでに時間が掛かる場合があるからです。但し、ご心配であればいつでもお越し下さい。

続きを見る

性病が完治する前にSEXやマスターべーションをしても大丈夫ですか?

完治が確認できるまでは性行為はしないようにしましょう。
相手にうつす恐れがある上、その後再び自分に性病が戻ってきてしまう恐れがあります。

また、完治前にマスターベーションを行うと、炎症が強くなり、症状を悪化させてしまう恐れがあります。マスターベーションは行わない方が無難です。

続きを見る