知っているとちょっと自慢できる? 今年の干支の豆知識

皆様、あけましておめでとうございます!

受付スタッフの佐々木です。

 

2019年もあおぞらクリニックを、よろしくお願いいたします。

 

さて、2019年の干支は皆様ご存知ですか?

今年は亥(イノシシ)年です。

それに合わせて、今回はイノシシについてお話させていただきます。

 

イノシシといえば、「猪突猛進」等の四字熟語を思い浮かべる方も多いと思いますが、実はイノシシ、とてもフットワークが軽いです。

真っ直ぐ進むだけでなく、カーブも方向転換もお手の物。

また、知能も高く、賢い動物です。

 

ちなみに、日本語で「のたうち回る」という表現がありますが、これもイノシシが語源の言葉。

イノシシは体の表面に付いた寄生虫などを落としたり、または体温調節のため、水浴びや泥浴びを行いますが、その場所を「沼田場(ぬたば)」と言います。

そこでイノシシが体を擦りつける様子から、「(ぬたうちまわる→)のたうちまわる」という言葉が生まれたそうな。

 

また、干支は中国などの漢字文化圏にて、年・月日・時間や方位、角度を示すために用いられていましたが、日本の干支と中国の干支には、異なる点があります。

それは、中国の干支には「亥(イノシシ)」が存在しないことです。

中国ではイノシシではなくブタになります(他にも、ベトナムやインド、ロシアなどにも干支は存在しますが、やはり国ごとに異なる動物が存在するようです)。

 

では、なぜ日本と中国で、イノシシとブタの違いが生まれたのでしょうか。

そもそも、ブタはイノシシを家畜化した動物で、干支が日本に広まった時代には、まだ日本ではブタは浸透しておらず、イノシシのほうが身近な存在だったためと言われています(所説あり)。

そのため、亥(イノシシ)年が誕生したようです。

 

そして、イノシシの肉は古くから万病に効果ありとされており、無病息災の象徴であることから、亥(イノシシ)年は「無病息災の年」とも言われています。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、イノシシについて詳しくなったところで、今年が皆様にとって、無病息災の1年となりますよう、スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。