4つのタイプで人間関係が円滑に!

皆様、こんにちは! 受付スタッフの佐々木です。

 

今回は、以前にも話題に上がりました「類人猿診断(http://yakan-hiko.com/gather/)」について、さらに詳しくご紹介させていただきます。

 

そもそも類人猿とは、ヒトに似た大型・中型の霊長類を指す通称で、大型類人猿にはオランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボが含まれます。

これらの類人猿とヒトのDNAは、約98%が一致すると言われています。

 

しかし、同じ類人猿といっても、オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボは、それぞれ性格や行動が違います。

まして、ヒトは同じ種の中でも、性格も行動も十人十色。

違う思考を持つ者が集まり、ヒトは社会生活を営んでいるので、当然そこには様々な問題が生じます。

自分と相手が違うことは分かっても、明確にどう違うのか…そこまで把握している人は少ないと思います。

類人猿診断は、ヒトに非常に近い類人猿に自分自身や周りの人を当てはめることで、お互いをより理解するきっかけとなるものです。

 

この診断は、2つの軸の下に成り立ちます。

・自分が大切にしているものは「物事の追求や成果」か、「安全・安定の維持」か。

・貴方は感情を表に「出す」か、「出さない」か。

 

自分や周りの人が果たして、何に当てはまるのか…ぜひ試してみてください!

この診断から、自分と相手の違いを理解し、より分かりあえるようになれれば最高ですね。

 

ちなみに、当院のスタッフは圧倒的にゴリラが多いです。

どこの動物園にも負けない数のゴリラの群れに会えることでしょう。