自費診療と保険診療はどう違うの??

新宿院院長の野口です。

今回は自由診療と保険診療の違いについて書きたいと思います。

日本には皆保険制度があり、健康保険に加入されている方がほとんどだと思います。通常、体調が悪くなって病院にかかる場合は、その保険を使い、1〜3割の負担で診察、検査、治療を受けることができます。(これがいわゆる保険診療です)

保険診療は患者さんの負担金が少ないため助かりますが、どこの病院を受診したかのリストが通常は年に一回送られてきます。そこで家族に把握されしまうこともあるようです。また、保険診療はあくまで病気が疑われる場合の診察、検査、治療が対象であり、性感染症などの病気が心配で、検査や治療を希望される場合は適応されません。

その点、自由診療は全額自己負担になってしまいますが、症状がなくても検査や治療を希望される場合は、原則的に制限なく行うことができます。

また、HIV予防などの予防医療も保険診療では行うことができませんが、自由診療では対応可能です。

自由診療、保険診療は一長一短ですので、症状がある場合はもちろん、症状がなくても心配な場合は、まずはあおぞらクリニック新宿院、新橋院までお気軽にご相談ください。