貴重な研修で意欲も向上!

皆様、こんにちは! 受付スタッフの安部です。

今回は、先日にクリニック内で行われたスタッフ研修について、お話させていただきます。

 

「医経統合実践会」主宰の医経統合コンサルタント・根本和馬先生を講師にお迎えし、今回で3回目となった研修では、過去2回に引き続き、クリニックの経営を支える“人財”としてスタッフ一人ひとりが成長し、輝きながら仕事が出来るクリニックを創る上で、何を実践するべきかについて学びました。

 

「仕事における結果とは?」

「その結果を出すために必要なことは?」

「満足度の高いクリニックにするためには?」

 

といったことから、

 

「クリニック内で自分が1番になること/1番を目指すことを見つける」

「言葉・表情・態度をポジティブにコントロールする」

「時間に対する意識を高く持つ」

「ミスや失敗を防ぐためには確認の徹底をする」

 

…といったことまで、根本先生の的確かつ情熱にあふれた講義に、改めてスタッフ全員が一丸となって、クリニックを「日本で1番にしよう!」という意欲に燃えた研修となりました。

 

 

さて話は変わって、そんな研修の中でも面白かったのが、スタッフ間での“相互理解”を深めるためのツールとして触れられた、人間の個性を12匹の動物と60のキャラクターに分類した「個性心理學(https://www.noa-group.co.jp/)」についてです。

 

前回の研修でも、人間の性格を4つの類人猿(オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)に分類する「類人猿診断(http://yakan-hiko.com/gather/)」をやったのですが、今回もまた、スタッフ全員でワイワイと診断したところ、個人的には当たっているなぁ、と思うことしきり(ちなみに私は「個性心理學」では“粘り強いひつじ”、「類人猿診断」では“ゴリラ”でした)。

 

その人がどんな性格かが簡単に分かって、より良い人間関係の構築に役立つこと間違いなしなツールですので、皆様もぜひ試してみてください!