尿を出す時に違和感や痛みや膿がある方、おりものの変化を感じている方へ。

新宿院院長の野口です。

性行為の数日〜数週後、排尿時に違和感や痛みを感じたり、膣内の違和感、痒み、おりものの変化(色、量、臭いの変化)を感じる方もいらっしゃると思います。

現代では性行為も多様化してきており、膣性交、口腔性交(フェラチオ、クンニリングス)、肛門性交などいろいろとありますが、いずれも尿道、膣の性感染症のリスクとなります。

性行為後のそのような変化は、もちろん一般の感染症の可能性もありますが、性感染症が原因となっていることもあるため、しっかりと確認しておくことが必要です。

感染したまま放置しておくと男性の場合は精巣上体炎、女性の場合は卵管炎等を引き起こし、不妊の原因となることがあります。また、大切なパートナーにうつしてしまいかねないため、検査を強くおすすめします。

尿道や膣に感染する性感染症としては、クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、カンジダ、トリコモナス、一般細菌など様々なものがあります。当院は新宿駅、新橋駅近くにあり、一通りの検査が可能ですので、ぜひご相談ください。