看護師紹介

あおぞらクリニックで働く前は何をしていました?

ーー総合病院で手術室の看護師として働いていました。

あおぞらクリニックで働くまで、総合病院で働いていました。
当時私は集中治療室で働いていたんですが、手術室の看護師が人手不足の為、手術室の経験があった私が手術室の看護師に移動になりました。
ですが、異動により給料が下がってしまったんですよね…。

何であおぞらクリニックを知りましたか?

ーー給料が下がってしまったことで、看護師になってから経験したことのないアルバイトをしてみようと思い「看護師 男性 アルバイト」でインターネットで検索したんです。
それで1番最初にあったのがあおぞらクリニックでした。

今まで性病科の経験は全くなかったのですが、本職は総合病院で働いていたので、患者さんに顔があまり見られるといけないなと思い週に1回土曜日にクリニックで働くことを決めました。

あおぞらクリニックで働く事に不安はなかったですか?

ーー不安は全くといって良い程ありませんでした。

あおぞらクリニックで面接を受けた際に仕事内容を聞くと、診療介助・採血・点滴といった内容だったので不安はありませんでした。
仕事内容もそうですが、何より総合病院で働いている時のように重症な事、患者さんが死に直結する事がなかったので何も不安がなかったんですね。

あおぞらクリニックで働きだしてどんな感じでしたか?

ーー気分転換になりました!

当時の日常は、本職で働いている時は患者さんの死に直結するような仕事だったんですが、週に1回のアルバイトでは採血や点滴といった仕事内容で、仕事している際に精神的に凄く楽でしたね。
週に1回だけのアルバイトが良い気分転換になってました。

何がキッカケで正社員になったんですか?

ーー体力的にかけもちが苦しかったのと、後はズバリ給料です!(笑)

当時は本職とアルバイトで週6日働いていいたんですが、やはり体力的に苦しく感じていました…。
そこであおぞらクリニックで給料面の話を相談した時に、本職とアルバイトを掛け持ちするより、あおぞらクリニックを本業に働く方が給料面も待遇面も良かったんです。
自分のライフスタイルに合わせて休めることなどもあり、あおぞらクリニックで正社員として働いていくことに決めました。

あおぞらクリニックでの仕事にやりがいはありますか?

ーーはい。明確な治療も行っていけますし、何より業務内容の改善などを私も一緒に考えたりと、働いている1人1人があおぞらクリニックをより良く変えていける重要な1人であると思え、やりがいを感じます。

あおぞらクリニックでは、どうすればその病気や症状が治るのかが明確に分かるのでしっかり患者さんの治療を行えます。それがとても嬉しいですね。
それに、働いているスタッフ1人1人が、あおぞらクリニックの業務改善を考えたりして、収益を良くするなど、みんなが一緒にクリニックを支えているように感じます。
総合病院で働いていた時などは、元々決まっている内容や動きに自分が配置されている。といった気分でしたが、今はそんな風に感じることもなく、みんなで一緒に頑張っていける今に凄くやりがいを感じます!

仲間との関係性はどうですか?

ーー男の私でも、何の気兼ねもなく精神的にとても楽に感じます。
気をつかったりすることなく楽しく仕事ができていますよ!

前まで働いていた場所では、やはり女性の方が多く女性に対しても気を使ったりなどで気疲れもあったのですが、あおぞらクリニックは男性が働く職場と考えた時に余計な気遣いもなく精神的にとても楽な関係性で働くことができます!
お互いがお互いにいろいろな相談をし合えるので、すごく良い関係性だと思います!

どういう人に仲間になってほしいですか?

ーー『素直な人』ですね!

仕事内容などを精神的に納得できる人、素直に疑問や意見を言ってくれる人が、一緒に頑張っていける!と思います。
私はあおぞらクリニックをより良いクリニックに変えていこうと一緒に頑張っていける、そんな『素直な人』と一緒に仕事がしていきたいと思っています!

性病科というのはたくさんの病院がある中でマイナーな科ですが、それでも患者さんにとってはとても役に立っている重要な科です。
そんな性病科の中でもあおぞらクリニックは日本内でトップクラスのクリニックだと思います。
おこなっていることも最先端なことで、毎日多くの患者さんにお越しいただいてとても必要とされているのです。
あおぞらクリニックで働いていると、患者さんにとても必要とされていることや喜びを直に感じることが出来ます。
そんなあおぞらクリニックで働くことにとてもやりがいを感じます。
あなたもぜひ一緒に、やりがいの感じられるあおぞらクリニックで働いていきませんか?