東京の性病科|即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック新橋院」

尖圭コンジローマとは/症状と検査、治療法について

尖圭コンジロームまたは尖圭コンジローマは、性器への低リスク型ヒトパピローマウィルス(HPV)感染症で、大部分が性交あるいはその類似行為で感染します。
HPVは接触により、皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し、基底細胞を含む分裂可能な細胞に感染します。
感染後、視診で確認できるまでに3週間〜8ヶ月(平均2.8ヶ月)を要するので、感染機会を特定することは難しくなります。
感染部位は外陰部、肛門、肛門内、尿道口、膣、子宮頸部にみられ、それらに乳頭状腫瘍が多発します。
尖圭コンジローマは、HPV6型あるいは11型の感染ですが、まれに皮膚型のHPVがみられることもあります。
g01.png


<検査>
一般的には肉眼的に診断がつきます。検査は患部を綿棒で拭い、それを核酸検出法でHPVの有無を確認します。

g04.png

<症状>
尖圭コンジローマの病原体は、低リスク型ヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)になります。
感染から3ヶ月経過すると、陰茎の亀頭やその周囲、包皮や陰裏などに乳頭状、鶏冠状のイボができます。
また、肛門周囲や肛門内、尿道口にも感染し、尿道や直腸内部にも発生することがあります。

<治療法>
尖圭コンジローマはイミキモドクリームを患部に塗布することで治療します。
隔日で週に3回使用し、塗布後6〜10時間経過後に石鹸で洗い流します。
治療にかかる期間は症状により変わりますが、長い場合だと16週間まで継続します。

性病検査・治療の料金表はこちら

あおぞらクリニック

女性の性病治療
Copyright 2013 あおぞらクリニック. All Rights Reserved. 東京 性病検査 性病科 病院

一番上に戻る

タップしてお電話ください
☎ 03-3506-8880