東京の性病科|即日の性病検査・治療は「あおぞらクリニック」

咽頭クラミジア・咽頭淋病とは/症状と検査方法その治療法について

咽頭のクラミジアや淋菌の感染は最近とくに増加の傾向があります。
アダルトビデオや性風俗の一般化でオーラルセックスに対する抵抗が少なく、
感染予防のない性交渉を日常的におこなっている傾向が高まるにつれて咽頭感染の相談が増えてきました。
性器への感染がなくても咽頭に感染している症例が多くなっていますので注意が必要です。

<検査>
咽頭クラミジア・淋病の検査は核酸増幅検査(PCR法)でおこないます。
検査は生理食塩水でうがいをしたものを使用します。
喉の奥を綿棒でこするような違和感を感じる検査はおこないません。
検査の結果は翌日または翌々日の報告になります。

<症状>
のどの痛み、発熱などの症状がほとんどなく、見た目にも明らかな変化はありません。
クラミジアや淋病に感染した人の10〜30%は咽頭からも菌が検出されます。

<治療法>
咽頭クラミジアの治療は性器クラミジア感染と同じ抗生剤の服用でおこないます。
咽頭の淋病は抗生剤の服用で治癒しないので、注射や点滴で治療を行う必要があります。

性病検査・治療の料金表はこちら

あおぞらクリニック

女性の性病治療
Copyright 2013 あおぞらクリニック. All Rights Reserved. 東京 性病検査 性病科 病院

一番上に戻る

タップしてお電話ください
☎ 03-3506-8880